数値の入ったセルの数を集計する「COUNT」関数。売り上げや人数などの集計表で便利に使える関数だ。基本的な使い方に加えて、仕事に役立つ実例を紹介する。

表からの集計作業に役立つCOUNT(カウント)関数

 マーケティング・販売・営業などの業務では、売上や入場者数などを集計する機会は多いもの。前回紹介した「COUNTIF」関数に続いて、数値が入力済みのセルがいくつあるかを数える場合に便利なCOUNT関数を解説しよう。例えば、セミナーの入場者数の集計表では、集計済みで数値が入力されているセルがいくつあるかをすぐに表示できる。

書式

書式 COUNT(範囲1,範囲2,…)
範囲1(必須) 数値の入ったセルの個数を数えるセル範囲を指定する
範囲2,…(省略可) 個数を数えるセル範囲を追加できる。最大255個まで指定可能

基本的な使い方

 下図を例に入場者数が確定している施設がいくつあるかを数えてみよう。結果を表示するセルをE1として、「範囲1」は入場者数のセルなのでB2からB6までを指定する(B2:B6)。これで、数値が入力されているセルの数である「3」がE1に表示される。ここでは施設数は5つなので見ればすぐ分かるが、施設数が100や200になるといちいち数えるのは大変。そのようなときに便利に使えるわけだ。

上の表で入場者数が確定している施設の数を集計したい。「B2:B6」で集計したいセル範囲を指定する
上の表で入場者数が確定している施設の数を集計したい。「B2:B6」で集計したいセル範囲を指定する

【仕事での使い方】入場者数が確定した施設の数を調べる

セミナーやイベントなどで施設別の入場者数のリストを作成しているが、まだ確定していない施設のセルには、「調査中」と入力することにした。このとき入場者数が確定した施設の数を知りたい
セミナーやイベントなどで施設別の入場者数のリストを作成しているが、まだ確定していない施設のセルには、「調査中」と入力することにした。このとき入場者数が確定した施設の数を知りたい

 Excelにはセルの数を集計する関数がいくつか用意されている。ここでの例のように数値(入場者数)が既に入力済みのセルの数を集計する場合は、「基本的な使い方」で紹介した通りCOUNT関数を使う。

 ここでのポイントは、COUNT関数は数値以外のデータが入力されているセルは集計しない点をうまく活用すること。例えば、まだ入場者数が確定していない施設には「調査中」あるいは「○○さんに問い合わせ中」といった文字列を入力しておけばメモ代わりになる。

 また、県や地域ごとに入場者数の表を作った場合など、集計したい表が複数ある場合は、「範囲2」以降にセル範囲を「,」で区切って追加していけばよい。

入場者数が確定したセル、つまり入場者数が入力済みのセルの数を集計するならCOUNT関数で調べればよい。「範囲1」に入場者数のセル範囲(B3:B7)を指定する
入場者数が確定したセル、つまり入場者数が入力済みのセルの数を集計するならCOUNT関数で調べればよい。「範囲1」に入場者数のセル範囲(B3:B7)を指定する