条件に合ったセルの数を集計する「COUNTIF」関数。覚えておけばかなり応用の利く関数だ。基本的な使い方に加えて、仕事に役立つ実例を2つ紹介する。

表からの集計作業に役立つCOUNTIF(カウントイフ)

 大きな表を必死に作ったのはいいけれど、そこからの集計作業に頭を悩ますケースは意外に多いもの。でも安心してほしい。Excelには数多くの集計用の関数が用意されており、今回紹介するCOUNTIF関数はその代表例。条件に合ったセルの数を合計する関数で、多数決はもちろん、会員名簿から属性(性別や住所)ごとの人数を集計するといったことに活用できる。また条件には「100以上」「100以外」「『東京都』で始まる」といった設定が可能なので、身に付けておくとかなり応用が利く関数だ。

書式、検索条件

書式 COUNTIF(範囲,検索条件)
範囲(必須) 個数を数えるセル範囲を指定する
検索条件(必須) 条件を文字列やセル、式などで指定する。文字列や式で指定する場合は「"」(ダブルクォーテーション)で条件を囲む必要がある

基本的な使い方

 下図を例に名簿から男性の人数を集計し、その合計をE2のセルに表示する場合を考えてみよう。「範囲」は性別が入っているセルなのでB2から下にB6までを指定する(B2:B6)。「検索条件」は「男」など文字列で指定してもよいが、ここではセルの値を検索条件にしてみた(D2)。D2のセルには「男」と入力されているので、「男」と入力されているセルの数がE2のセルに表示される。

上の表で性別が「D2」(男)のセル数を集計する。「=COUNTIF(B2:B6,"男")」と記述しても結果は同じだが、セルで指定することでD2セルを「女」に変更すれば、「女」のセル数を集計できる
上の表で性別が「D2」(男)のセル数を集計する。「=COUNTIF(B2:B6,"男")」と記述しても結果は同じだが、セルで指定することでD2セルを「女」に変更すれば、「女」のセル数を集計できる

【仕事での使い方1】新規会員が100人以上の支店数を数える

支店別に新規会員数をまとめた表で、新規会員が100人以上の支店数を知りたい。COUNTIF関数で、「~以上」「~未満」といった検索条件を指定すればよい
支店別に新規会員数をまとめた表で、新規会員が100人以上の支店数を知りたい。COUNTIF関数で、「~以上」「~未満」といった検索条件を指定すればよい

 値が100以上のセルを数えたい──。こんなときに使うCOUNTIF関数の「検索条件」の設定方法を紹介する。

 「検索条件」に「~以上」「~未満」といった数値の大小を指定するには、「=」や「>」などの記号を使う。今回のように「100以上」の場合は、「">=100"」のように記載する。この条件式は「"」(ダブルクォーテーション)で囲む必要があるので注意しよう。また、セルに入力された数値を「検索条件」に使うときは、演算子である「&」で「=」や「>」とセルをつなぐ必要がる点に注意してほしい(下表の「D2セルの値以上」を参照)。

会員数が100以上のセルを数えるには、COUNTIF関数の「検索条件」を「">=100"」と書けばよい。等号や不等号と数値を組み合わせると、「以上」「未満」などの条件を指定できる(下図参照)
会員数が100以上のセルを数えるには、COUNTIF関数の「検索条件」を「">=100"」と書けばよい。等号や不等号と数値を組み合わせると、「以上」「未満」などの条件を指定できる(下図参照)
検索内容 検索条件の文字
100と等しい "=100"
100以上 ">=100"
100より大きい ">100"
100以下 "<=100"
100より小さい(未満) "<100"
100以外 "<>100"
D2セルの値以上 ">="&D2
「以上」「未満」などの条件は、半角の「=」(等号)や「<>」(不等号)を組み合わせて指定する。「検索条件」は「"」(ダブルクォーテーション)で囲む必要がある

【仕事での使い方2】住所が「東京都」の人数を調べる

会員一覧で、住所が「東京都」「千葉県」「埼玉県」の人数を調べたい。COUNTIF関数では、「住所が東京都で始まる」といった条件も指定できるので、これを使おう
会員一覧で、住所が「東京都」「千葉県」「埼玉県」の人数を調べたい。COUNTIF関数では、「住所が東京都で始まる」といった条件も指定できるので、これを使おう

 実例1では、COUNTIF関数を使って、指定した数値の範囲に一致するセルを数える方法を紹介した。では、上図の表で住所が東京都の人数を調べるにはどうすればよいか。「検索条件」を「東京都」としても、一致しないので数えられない。

 しかし、心配は無用。「*」という記号を使うと、「~で始まる」「~を含む」といった「検索条件」も指定できるのだ。「東京都で始まる」なら「東京都*」と指定すればよい。

COUNTIF関数で、住所が「東京都で始まる」という条件を指定するには、「検索条件」に「"東京都*"」と入力する(下図参照)。ここでは、D3セルの「東京都」の文字と「*」を、「&」を使って結合した。「範囲」を絶対参照にしておけば、コピーするだけで他も数えられる
COUNTIF関数で、住所が「東京都で始まる」という条件を指定するには、「検索条件」に「"東京都*"」と入力する(下図参照)。ここでは、D3セルの「東京都」の文字と「*」を、「&」を使って結合した。「範囲」を絶対参照にしておけば、コピーするだけで他も数えられる
検索内容 検索条件の文字
「東京都」と等しい "東京都"
「東京都」で始まる "東京都*"
「東京都」を含む "*東京都*"
「東京都」で終わる "*東京都"
D3セルの文字で始まる D3&"*"
D3セルの文字を含む "*"&D3&"*"
D3セルの文字で終わる "*"&D3
「東京都を含む」「東京都で始まる」といった検索条件は、「任意の文字列に合致する」という検索条件を表す半角の「*」(アスタリスク)と、「東京都」という文字を組み合わせて、上の表のように指定する
絶対参照とは?
絶対参照とは、参照するセルが常に固定される参照方法のこと。「$B$2」のように「$」を付ける。これに対し「B3」と表記すると相対参照となり、数式をコピーした際、コピーした位置に応じて参照するセルが自動的に変化する。参照するセルを固定したい場合に絶対参照を使う。「B2」と記入された状態で「F4」キーを押せば「$B$2」となる。
単純に範囲指定した関数式をコピーするとセル範囲がずれ、正しい計算ができない
単純に範囲指定した関数式をコピーするとセル範囲がずれ、正しい計算ができない
事前にセル番地に「$」を付けて「絶対参照」にするとずれない
事前にセル番地に「$」を付けて「絶対参照」にするとずれない