【11位】名探偵コナン ゼロの執行人

キッズ向けアニメが国民的映画へと脱皮。「3つの顔を持つ男」が女性の心をわしづかみにし、興行収入もグッズ市場も急膨張

【12位】L.O.L. サプライズ!

1個のカプセルに「ガチャ7回分」の満足感を詰め込み、3カ月で約100万個出荷の垂直発進。女児玩具市場に新ジャンルを確立した

2018年ヒット商品ランキング 日経トレンディ選定ベスト30(画像)

【13位】無糖・強炭酸

「甘くない」「刺激強め」が健康志向の人にマッチ。飲料2強が参戦して市場を広げ、3大ブランドで計2500万ケース出荷に到達した

2018年ヒット商品ランキング 日経トレンディ選定ベスト30(画像)

【14位】コウペンちゃん

キャラクター業界の常識を超えるスピード出世。疲れた大人を毎朝癒やす画期的な「褒めキャラ」が、1年半で50億円市場を生む

【15位】東京ミッドタウン日比谷

商業エリアでない東京・日比谷に半年で1200万人を呼び込んだ。グルメを核とした売り場づくりは、商業施設の常識をも変えた

【16位】チョコミント

「チョコミン党」の“結成”で市場が急拡大。パン、飲料、文具にまでブームが派生。猛暑のなか、人々が清涼感ある刺激を買い求めた

2018年ヒット商品ランキング 日経トレンディ選定ベスト30(画像)

【17位】明治エッセル スーパーカップ スイーツ

ケーキさながらの層状アイスがご褒美ニーズを開拓。シリーズで約45億円を売り上げ、プレミアムアイス市場に新風が吹いた

2018年ヒット商品ランキング 日経トレンディ選定ベスト30(画像)

【18位】エプソン チームラボ ボーダレス

470台のプロジェクターで描く「世界初のデジタルアートミュージアム」が、3カ月弱で50万人を魅了。チケットが瞬間蒸発した

【19位】お椀で食べるカップヌードル

「少量」と「おわん」提案で即席麺が夕食の一品に昇格。シリーズ全体で年間4000万食出荷。袋麺市場で光った「罪悪感フリー麺」

【20位】肩掛けスピーカー

テレビで紹介されるや否や、周りを気にせず大音響を楽しみたい人が殺到して5カ月間品薄に。「ながら聴き」の市場も確立した

2018年ヒット商品ランキング 日経トレンディ選定ベスト30(画像)