※日経トレンディ 2018年11月号の記事を再構成

東京の新行列グルメを読み解く特集の第3回は、商業施設以外の店舗に迫る。一大旋風を巻き起こしているのが、タピオカミルクティーなどの台湾茶だ。数々のチェーンが台湾から上陸し、ほぼすべてが大行列店に育った。渋谷の夜を彩るのは芸術品のようなパフェ。特別な食体験がリピーターを呼び込んでいる。

東京の新行列グルメ 「インスタ映え」と「台湾」が一大旋風(画像)

 9月12日、丸ビルの地下1階に出店したのは、タピオカミルクティーの生みの親、春水堂(チュンスイタン)が仕掛ける新業態「TP TEA(ティーピーティー)」だ。開店前から延びる列が、ビジネス街の新風景となっている。3年前に上陸した「Gong cha(ゴンチャ)」は、台湾茶人気をけん引する存在。1号店の原宿表参道店は平日でも1日約1000人が詰めかける。

TP TEA
ティーピーティー
 タピオカミルクティー発祥の店として知られる春水堂が7月、新業態のティースタンドとしてオープン。1号店のニュウマン新宿店に続き、9月に丸ビルに出店した。看板のタピオカミルクティーはもちろん、タピオカミルクティーソフト、春雨ヌードルの「麻辣湯(マーラータン)」など多彩。
Gong cha
ゴンチャ
 台湾南部の高雄で生まれ、アジア、オセアニア、北米に1400店以上を構える台湾茶カフェ。日本では3年前に原宿に1号店を出し、9月末で18店まで広がった。特徴は、カスタマイズ性の高さ。ベースとなる4種の茶に氷の量、甘さ、トッピングを組み合わせることで2000通りの味が楽しめる。
1号店の原宿表参道店は平日でも1日1000人が詰めかける。ベースの茶は4種類で、タピオカ以外にアロエやナタデココなどもトッピングできる
1号店の原宿表参道店は平日でも1日1000人が詰めかける。ベースの茶は4種類で、タピオカ以外にアロエやナタデココなどもトッピングできる

 TP TEAや春水堂、ゴンチャはもちろん、ここ数年で台湾茶チェーンがこぞって進出し、しのぎを削っている激戦区が新宿だ。台湾スイーツの専門店としてこの夏、新たに「台湾甜商店(タイワンテンショウテン)」と「騒豆花(サオドウファ)」も加わった。

 タピオカミルクティー自体は新しくない。しかし、昨今の台湾ブームを追い風に台湾茶そのものに光が当たり、客層が大きく拡大。さらに、見た目がおしゃれで、さまざまに味をカスタマイズできるなど、何度でも来たくなる店が増えた。ゴンチャの日本法人を率いる葛目良輔社長兼COO(最高執行責任者)は「『コーヒーが苦手なスタバ好き』を取り込めている」とみる。

台湾甜商店
タイワンテンショウテン
 8月、新宿にオープンした台湾スイーツの専門店。台湾マンゴーのスムージーや台湾直輸入の九份名物・芋圓(ユーユェン)、ヘルシーな豆乳スイーツ豆花(トーファ)など台湾の甘味をそろえ、全メニューに作り立てのタピオカをトッピング。1号店は大阪・梅田で、勢いに乗って関東に攻め込んだ。
タピオカは作りたての味を届けるため、1日10回以上も仕込んでいる(左写真)。タロイモやサツマイモで作った芋圓は台湾から直輸入した逸品(右写真)
タピオカは作りたての味を届けるため、1日10回以上も仕込んでいる(左写真)。タロイモやサツマイモで作った芋圓は台湾から直輸入した逸品(右写真)
【次はコレ!】チーズティー
FORTUNER tea-box
フォーチュナーティーボックス

 ビールのように見えて正体は「チーズティー」。中国からアジア各地に広まった「飲むスイーツ」が8月に原宿に進出した。鉄観音茶や四季春茶、アッサムティーにホイップしたチーズが載り、飲むと白い口ひげができるのもフォトジェニックとして話題に。
マンゴーなどフルーツ味もある。「ハイチーズティー」という名の自撮り用スポットも
マンゴーなどフルーツ味もある。「ハイチーズティー」という名の自撮り用スポットも

 台湾と並ぶ、もう一つのトレンドが、進化系のインスタ映えだ。見た目が美しいのはもちろん、その場にいないと味わえない特別な体験が受けている。

 渋谷の雑居ビルの3階、分かりやすいとはいえない場所にありながら夜まで行列が絶えないのが、札幌発祥の夜パフェ専門店「パフェテリア ベル」だ。

 「旬のフルーツを大胆に盛り付けたパフェはさながらグラスの中のアート」(スイーツコーディネーターの下井美奈子氏)。創作パフェとシャンパンや自家製サングリア、ワインなどとのマリアージュも楽しめる。夜の渋谷に締めパフェという新文化を定着させた。

Parfaiteria beL
パフェテリア ベル
シメパフェ
 北海道発祥の夜パフェ専門店。2017年10月に渋谷に進出し、女性の間で飲んだ後の締めの新定番になった。季節のフルーツをアートのように盛り付けたパフェはインスタ映え必至。アルコールとのマリアージュも楽しめる。
フレッシュな巨峰とシャインマスカットを豪快に盛った「葡萄とピパーツ」など、創作パフェを常時5~7種そろえる(左写真)。ファジーネーブルの“ドレス”で覆われた「Princess belle」(右写真)
フレッシュな巨峰とシャインマスカットを豪快に盛った「葡萄とピパーツ」など、創作パフェを常時5~7種そろえる(左写真)。ファジーネーブルの“ドレス”で覆われた「Princess belle」(右写真)
東京の新行列グルメ 「インスタ映え」と「台湾」が一大旋風(画像)
注)パフェテリア ベルのパフェは、仕入れ状況によって変わる

 17年6月に開業した原宿の「ロールアイスクリームファクトリー」も、いまだに数時間待ちが続く。プレートの上でくるくる巻かれた独特なアイスの食感がリピーターを呼んだ。代々木公園近くの「モンブランスタイル」は、持ち帰りができない。僅か8席のカウンターで作りたてのモンブランが供され、手もみ茶日本一の小室栄寿氏の日本茶で一服する。この至福の体験を求め、平日昼にも行列ができるのだ。共通するのは、「ここだけ」のひととき。インスタ映えの新名所を生む条件である。

ROLL ICE CREAM FACTORY
ロールアイスクリームファクトリー
花束アイス
 コールドプレートの上で花束のようにアイスを巻き上げる「ロールアイス」の専門店。17年6月にオープンした1号店の原宿・表参道本店は最長で5時間待ちとなり、現在も大行列だ。大阪、名古屋にも進出し4店舗にまで拡大した。
マイナス10℃以下に冷やしたプレートの上で、花束のようにアイスを丸める。トッピングも豊富
マイナス10℃以下に冷やしたプレートの上で、花束のようにアイスを丸める。トッピングも豊富
Mont Blanc STYLE
モンブランスタイル
和栗
 谷中銀座の和栗専門店「和栗や」が5月、代々木公園近くにオープンしたモンブランの専門店。カウンター8席のみで、1日最大100食。連日、開店直後に整理券がなくなるほどの人気で、日本一の手もみ茶と共に作りたてのモンブランが味わえる。
皿盛りのモンブランデセルは握りたての寿司のように食感が軽やか(左写真)。高級寿司店と見まごう外観(右写真)
皿盛りのモンブランデセルは握りたての寿司のように食感が軽やか(左写真)。高級寿司店と見まごう外観(右写真)
FLIPPER’S STAND
フリッパーズスタンド
スフレプリン
 ベイクルーズグループによるスフレパンケーキプリン専門店。FLIPPER’Sの看板メニュー「奇跡のパンケーキ」とカスタードプリンを掛け合わせたテイクアウトの進化系プリンで、製造が追い付かず、新宿店は数量限定販売が続く。
中目黒店は2フロア(右写真)。2階がパンケーキカフェになっており、パンケーキプリンは1階でテイクアウトできる(左写真)
中目黒店は2フロア(右写真)。2階がパンケーキカフェになっており、パンケーキプリンは1階でテイクアウトできる(左写真)
アジアンフードの新鋭が続々!
香港のミシュラン点心が上陸
 台湾以外にもアジアの有名店が日本に次々と上陸している。注目株は、東京の新たなランドマーク、東京ミッドタウン日比谷の向かい側。日比谷シャンテ別館に4月にオープンした「世界一安いミシュランレストラン」こと、添好運(ティム・ホー・ワン)だ。香港発の点心専門店で、一品物はワンコイン前後。20代後半から80代が並ぶ「大人のグルメ」として定着し、平日は30分から1時間待ち、休日は1時間から1時間半待ちが続いている。

添好運 Tim Ho Wan
ティム・ホー・ワン
チャーシューバオはサクサクの皮に甘めのチャーシューあんが入る(左写真)。店舗は日比谷シャンテの別館(右写真)
チャーシューバオはサクサクの皮に甘めのチャーシューあんが入る(左写真)。店舗は日比谷シャンテの別館(右写真)

(写真/高山 透)