世界中から注目を集めている中国。深圳は中国のシリコンバレーと呼ばれ、国全体でキャッシュレス化が進んだ。だが素顔の中国人が何を感じ、どのような生活をしているのか、知っている人はあまり多くはないだろう。上海に住む男性Kさんの休暇に密着した。

取材した11月後半、上海市内中心部の南京西路では、ライトアップされクリスマス仕様になっていた
取材した11月後半、上海市内中心部の南京西路では、ライトアップされクリスマス仕様になっていた

 Kさんは上海生まれの上海育ちで、某金融企業に勤める28歳の男性だ。年収でいうと上海では平均的なKさんだが、大学時代に日本語を専攻するほど日本が好きで、年に5日しかない有給休暇を利用して日本を訪れる年もあるという。

 朝8:30に、筆者が宿泊していたホテルで待ち合わせをした。この日のKさんの休暇の予定は、「杭州」への日帰り旅行である。杭州といえば、アリババが本社を構える地である。上海市内から杭州へ行くには高速鉄道が一番早い。

Google Mapより。赤枠が杭州。上海市の隣の市である
Google Mapより。赤枠が杭州。上海市の隣の市である

 杭州へ向かうため、ホテルの最寄りの地下鉄駅に向かいながらKさんに話を聞くと、仕事がある日は朝6:30に起床、7:00には家を出て、バスで仕事場へ向かい、8:00前には職場へ到着するという。仕事がある日か休日かにかかわらず、朝の移動中は金融情報をチェックすることを欠かさないという。Kさんのスマホ画面の1ページ目にも金融情報に関するアプリが入っており、特に「東方財富」をよく利用しているそうだ。

東方財富のアプリ画面。金融ニュースや株価などがタブ切り替えで確認できる
東方財富のアプリ画面。金融ニュースや株価などがタブ切り替えで確認できる

 Kさんのスマホの1ページ目には、基本的なカレンダーや天気、コンタクトリストなどのアプリの他、トラベル系のアプリ、コミュニケーションアプリでありながら決済システムでもある「微信(ウィーチャット)」、中国版Google Mapの「百度地図」、アリババグループが運営しているショッピングアプリ「手机淘宝(タオバオ)」、あらゆる店舗情報の口コミサイトである「大衆点評」が入っている。これらが頻繁に使用しているアプリだという。「アリペイ」は1ページ目には入っていなかったので、Kさんに聞いてみたところ、頻繁には使わないとのことだ。コミュニケーションのほとんどをウィーチャットでやり取りしているので、支払いも自然に「ウィーチャットペイ」を使うことが多いという。

Kさんのスマホ画面1ページ目
Kさんのスマホ画面1ページ目
タオバオのアプリ画面。食品・衣料品・家電などさまざまなものを購入できる
タオバオのアプリ画面。食品・衣料品・家電などさまざまなものを購入できる
大衆点評のアプリ画面。レストランだけではなく、ペットショップやヘアサロン、旅行、ブライダルまで、ユーザーが画像や動画でお薦めを投稿できる仕組み。ユーザーは互いをフォローでき、メッセージを送ることもできる
大衆点評のアプリ画面。レストランだけではなく、ペットショップやヘアサロン、旅行、ブライダルまで、ユーザーが画像や動画でお薦めを投稿できる仕組み。ユーザーは互いをフォローでき、メッセージを送ることもできる

 地下鉄に乗車する際は、ウィーチャットペイで購入できる電子定期券のQRコードを表示し、改札にかざすだけで入場ができる。

 地下鉄に乗車し、発車して1分程度経過すると、日本では見慣れない広告が表示される。窓外の壁面に連続したディスプレーがあり、その前を地下鉄が通行すると、30秒程度の映像が表示されるのだ。区間ごとに流れている広告に違いがあり、取材時は主に美術館の展示会の広告や「天猫(ティーモール)」の広告であった。

地下鉄の移動中に窓の外に流れる30秒広告
地下鉄の移動中に窓の外に流れる30秒広告

 9:45、上海火車站(高速鉄道に乗るための駅)に到着。高速鉄道のチケットは事前にスマホから申し込みや決済ができ、セキュリティーと改札通過の際は、スマホに表示したQRコードをかざすだけで入出場できる(外国人も事前登録可能だが、窓口でチケットを発行してもらう必要がある)。

高速鉄道チケット発行窓口上部の案内板。杭州行きの看板は真っ赤な表示で、行き先によって看板表示の色味が異なる
高速鉄道チケット発行窓口上部の案内板。杭州行きの看板は真っ赤な表示で、行き先によって看板表示の色味が異なる
筆者が発行してもらった高速鉄道チケット
筆者が発行してもらった高速鉄道チケット
有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>