個人で日本へ旅行するような経済的に豊かな若年層は、消費意欲が旺盛だ。若くて数も多く、中国での消費トレンドを主導している。日本旅行に特化した雑誌「行楽」を中国で発行する袁静氏は、両国の間を頻繁に往復しており、中国の「プチ富裕層」の生活様式や行動に詳しい。袁氏の目線でそうしたトレンドを読み解いてもらう。

「20万円の調理鍋」から見える中国主婦層の今の姿(画像)

 今、中国の主婦層が面白い。中国では伝統的に共働き世帯が多かったが、富裕層から徐々に専業主婦が出現している。日本はデフレが進むなか、世帯可処分所得が落ち込み、収入を得るために働きに出る女性が増え、次いで少子高齢化の影響による人手不足の傾向が強まったこともあって、2000年には共働き世帯が専業主婦世帯を逆転した(厚生労働省、総務省調べ)。一方、中国では日本と逆行するような現象が起きているのだ。

 理由は複合的だ。経済発展に伴い、総じて家計が豊かになったことがある。そして子供の教育のためという理由もある。働かなくても経済的にやっていける世帯では、専業主婦を選び、子供の教育や家事、育児に情熱を傾ける女性が増えている。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>

「第2回ディープラーニングビジネス活用アワード」応募受付中

「第2回ディープラーニングビジネス活用アワード」応募受付中
 ディープラーニングを活用した優れたプロジェクトを表彰する「第2回ディープラーニングビジネス活用アワード」の応募を受け付け中です。企業の持続的な成長に必要なデジタルトランスフォーメーション(DX)のカギを握るものの1つがAI(人工知能)、そして精度向上が著しいディープラーニングの活用です。PoC(概念実証)の谷を乗り越え、ディープラーニングで新たな事業を生み出した取り組みや産業・社会的なインパクトの大きな取り組みを表彰することで、ディープラーニングのビジネス活用を加速することを目指しています。

 本アワードは、企業のプロジェクト単位の活動が対象です。ディープラーニングを使って売り上げ増を達成したり、コロナ対策やSDGs(持続可能な開発目標)貢献など社会課題を解決するなど、「産業・社会的なインパクト」があるか、アルゴリズムやデータの「先進・独自性」があるか、一般に活用が遅れている分野へ適用する「チャレンジ度」があるかの3点で評価します。
詳細は、こちらをご確認ください。
あなたのプロジェクトのエントリーをお待ちしております。