“究極”のパーソナライゼーション
全5回

“究極”のパーソナライゼーション

ネットの普及とともにデータを活用して、利用者一人ひとりに適した情報を提供することが可能になった。これを「パーソナライゼーション」と呼ぶ。従来はメールやWebサイトに掲載する情報の最適化に活用されてきた。ところが、AIとIoTの発達により最終製品まで顧客一人ひとりに最適化する企業が現れている。この“究極”のパーソナライゼーションとも言えるモノづくりを実現する先端企業の動向を探る。
  • ZOZO、資生堂…次世代モノづくりの驚異 マーケの常識を破壊
    第1回
    2018.08.30
    ZOZO、資生堂…次世代モノづくりの驚異 マーケの常識を破壊
    顧客から取得したデータを基に、AI(人工知能)とIoTを駆使して、顧客一人ひとりに最適化した商品を作る企業が現れ始めている。キーワードは「パーソナライゼーション」だ。スタートトゥデイや資生堂が取り組む、次世代のモノづくり“究極”のパーソナライゼーションの神髄に迫る。
  • 既存商品を否定? 資生堂の新戦略は「AIで作る月額制化粧品」
    第2回
    2018.09.04
    既存商品を否定? 資生堂の新戦略は「AIで作る月額制化粧品」
    顧客から取得したデータを基に、AI(人工知能)とIoTを駆使して顧客一人ひとりに最適化した商品を届ける次世代のモノづくり、“究極”のパーソナライゼーション。特集の2回目で取り上げるのは、資生堂が開発したパーソナルスキンケアシステム「Optune」だ。資生堂ジャパンの社長直下で開発された同システムは、資生堂のEC戦略の最右翼を担う。
  • ZOZOを超える? 米スマホ採寸アプリはAIでデザイン提案へ
    第3回
    2018.09.14
    ZOZOを超える? 米スマホ採寸アプリはAIでデザイン提案へ
    顧客から取得したデータを基に、AI(人工知能)とIoTを駆使して顧客一人ひとりに最適化した商品を届ける次世代のモノづくり、“究極”のパーソナライゼーション特集の第3回。身体データに基づき、アパレル製品のサイズを一人ひとりにパーソナライズして届ける。そんな“究極”のパーソナライゼーション製品では、スタートトゥデイの「ZOZOSUIT」がよく知られているが、同社だけの専売特許ではない。シリコンバレー発の米カスタムシャツメーカーのオリジナルも、アプリを活用した“究極”のパーソナライゼーションに挑もうとしている。
  • ネスレ日本、無料サービス活用で「健康データの巨人」目指す
    第4回
    2018.10.15
    ネスレ日本、無料サービス活用で「健康データの巨人」目指す
    データを基に、AI(人工知能)とIoTを駆使して顧客一人ひとりに最適化した商品を届ける“究極”のパーソナライゼーション特集の第4回。ZOZOや米オリジナルは製品そのものまでをパーソナライズした。そうした商品設計を視野に入れ、データ収集を始めたのがネスレ日本だ。
  • 「味覚」で菓子、「脈拍」でサプリ AIがオーダーメード
    第5回
    2018.10.17
    「味覚」で菓子、「脈拍」でサプリ AIがオーダーメード
    データを基に、AI(人工知能)とIoTを駆使して顧客一人ひとりに最適化した商品を届ける“究極”のパーソナライゼーションは、ベンチャー企業にまで裾野が広がっている。菓子やサプリメントなど、さまざまな分野でパーソナライズ化が進む。

関連特集・連載

ランキングから探るブランド成功の鍵
ランキングから探るブランド成功の鍵
都心へ発進 相鉄のブランド再構築
都心へ発進 相鉄のブランド再構築
全3回
【PR】地方発ヒット商品の作り方
【PR】地方発ヒット商品の作り方
【PR】「働くひとの西宇和みかん」とは
【PR】「働くひとの西宇和みかん」とは