顧客から取得したデータを基に、AI(人工知能)とIoTを駆使して、顧客一人ひとりに最適化した商品を作る企業が現れ始めている。キーワードは「パーソナライゼーション」だ。スタートトゥデイや資生堂が取り組む、次世代のモノづくり“究極”のパーソナライゼーションの神髄に迫る。

スタートトゥデイは7月3日、身体測定ツール「ZOZOSUIT」を活用したオーダーメードスーツの販売を発表した
スタートトゥデイは7月3日、身体測定ツール「ZOZOSUIT」を活用したオーダーメードスーツの販売を発表した

 「安価で(サイズが)ぴったりな商品がすぐ届く。試着もサイズ選びも必要ない。ほとんどのベーシックな商品は『ZOZOTOWN』で買う。(そうした世界を)2~3年で作っていく」

 スマートフォンと連係した身体測定ツール「ZOZOSUIT」、および同ツールと連携したPB(プライベートブランド)「ZOZO」の本格展開の発表の場で、スタートトゥデイの前澤友作社長はこう宣言した。顧客一人ひとりに合わせて商品を作る、次世代モノづくり“究極の”パーソナライゼーション時代の幕開けだ。スタートトゥデイは2018年10月に社名をZOZOに変え、PBを含むブランド力の強化を図る。

 スマホの普及、SNSの利用拡大によって消費者の趣味嗜好の多様化が急速に進む。大手メーカーは画一的なマスマーケティングからの脱却を図り、ターゲット層を絞って、その層に響く商品を開発する「スモールマス」のマーケティングにかじを切ろうとしている。しかし、そのスモールマスすら飛び越え、個人を対象としたオーダーメードのモノづくりに取り組む企業が現れている。