ファーウェイ(Huawei、華為技術)が、米中対立の狭間で厳しい局面に直面する中、想定できるあらゆるジャンルのデバイスをカバーするオール・シナリオ時代に向けた「HarmonyOS」を自社のデベロッパー向けカンファレンスで披露し、注目を集めている。その4つの特徴やオープンソース化した狙いなどを解説する。

 2019年8月9日から11日の3日間、ファーウェイは、広東省東莞市松山湖基地で、19年度ファーウェイ・デベロッパー・カンファレンス「Huawei Developer Conference(HDC) 2019」を開催した。「Rethink Possibilities」をテーマとした今回のHDCでは、ファーウェイ・コンシューマー・ビジネス・グループ(Huawei Consumer Business Group)の余承東(Richard Yu、リチャード・ユー)最高経営責任者(CEO)が基調講演に登壇。ファーウェイのオール・シナリオ・スマート・ライフ戦略、および昨今、世の中で噂になっていた独自OS(オペレーティングシステム)「HarmonyOS」を披露した。その詳細を紹介する。

オール・シナリオ・スマート・ライフ戦略とは?

 余氏は、今後5~10年間のコンシューマービジネスの長期戦略「オール・シナリオ・スマート・ライフ戦略」をまず説明した。ファーウェイは、業界リーダーとして、想定できるあらゆるジャンルのデバイスをカバーして(オール・シナリオ)、消費者にスマートな体験を提供する(スマート・ライフ)という戦略を推し進める考え。以下の[1・2・3]といった数字に象徴される取り組みから、そのためのアプローチがうかがえる。

1)1つのコアドライバー:HUAWEI HiAI
 AI(人工知能)は現在の最も重要な成長ドライバーと位置付けられる。「HUAWEI HiAI」はファーウェイのスマートビジネスのコアドライバーで、ファーウェイの戦略的な投資先でもある。

2)2つのプラットフォーム:サービスエコシステム&ハードウエアエコシステム
 サービスエコシステムのプラットフォームとして、「HUAWEI Ability Gallery」プラットフォームを展開。デベロッパーにローコストで提供することにより、スマートデバイスの開発・発展に役立つ。ハードウエアエコシステムのプラットフォームとして、「HUAWEI HiLink」プラットフォームを展開。ファーウェイIoTエコシステムのベースアーキテクチャーであり、IoTエコシステム製品を相互にリンクするオープンプラットフォームでもある。

3)3つの製品レイヤー:1+8+N
 コンシューマービジネスには、「1+8+N」といった3つのレイヤーの製品が考えられる。「1」はスマートフォンであり、「8」は腕時計、ヘッドホン、パソコン、タブレット、スピーカーボックス、メガネなどの製品であり、「N」はスマートインテリア、スマートオフィス、スマートライド、スマートヘルスケアなどN種類のスマートデバイスであることを指す。これらの中に、ファーウェイが自社で開発した製品と、パートナーが開発したエコシステムの製品が、ともに想定されている。

先日開催されたファーウェイ・デベロッパー・カンファレンスの模様(【出典】HDCオフィシャルサイト)
先日開催されたファーウェイ・デベロッパー・カンファレンスの模様(【出典】HDCオフィシャルサイト)
有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>