AI(人工知能)やビッグデータの活用などデジタル技術を駆使したイノベーションで、今の中国は世界の最先端を行く。この中国で起きているデジタル革命の実態、展望と課題を、中国の現地事情に詳しい専門家が解説する。
  • 第27回
  • 2019.08.20
ファーウェイ、噂の新OS「HarmonyOS」をついに発表
ファーウェイ(Huawei、華為技術)が、米中対立の狭間で厳しい局面に直面する中、想定できるあらゆるジャンルのデバイスをカバーするオール・シナリオ時代に向けた「HarmonyOS」を自社のデベロッパー向けカンファレンスで披露し、注目を集めている。その4つの特徴やオープンソース化した狙いなどを解説する。
  • 第26回
  • 2019.08.01
中国シャオミ、世界最速でFortune Global 500入り
中国のシャオミ(Xiaomi、小米)が2019年、米国の雑誌Fortuneが発表している「Fortune Global 500」の468番目にランクインした。創業からわずか9年でのFortune Global 500入りは世界最速だという。なぜ驚異のこのスピードで成長できたのか。シャオミの事業戦略、価格戦略などについて解説する。
  • 第25回
  • 2019.07.11
ここまで来たバイドゥAIの最前線:Baidu Create 2019リポート
2019年7月3日に北京で開かれた「2019年 バイドゥAI開発者大会(Baidu Create 2019, Baidu AI Developer Conference)」で、百度(バイドゥ)はAI(人工知能)の最新の成果を披露した。この大会の基調講演のポイントについて紹介する。
  • 第24回
  • 2019.06.28
中国のユニコーン 200社突破、フューチャーユニコーンも続々
中国の民間シンクタンク胡潤研究院(Hurun Research Institute)によると、2019年の第1四半期(Q1)、中国国内のユニコーン企業の数は初めて200の大台を突破した。「フューチャーユニコーン」、すなわち3年以内にユニコーン企業になり得るスタートアップも初めて発表された。
  • 第23回
  • 2019.06.03
BAT3社のAIへの投資 AIによる環境激変へ備えを急ぐ
中国BAT(バイドゥ、アリババ、テンセント)3社は、将来の事業戦略の遂行には自社のリソースだけでは足りないという認識の下で、その資金力を生かし、投資やM&Aを通じてのAI(人工知能)技術の囲い込みに乗り出している。BATは、いかなる考え方でどのような会社に投資しているのかを解説する。
  • 第22回
  • 2019.05.27
BAT3社の「自動運転」戦略 バイドゥを追うアリババ、テンセント
中国BAT(バイドゥ、アリババ、テンセント)3社は、AI(人工知能)技術を集大成する自動運転領域に参戦している。3社が具体的にどのように自動運転を展開しているかについて解説する。
  • 第21回
  • 2019.03.20
BAT3社のAI戦略を俯瞰する(2) AI時代も“三国鼎立”は続くか
中国BAT(バイドゥ、アリババ、テンセント)3社は、“三国鼎立時代”を創り出し、中国インターネットサービスに多大な影響を与えている。重点突破のバイドゥ、幅広い産業をターゲットにするアリババ、ゲームなどに強いテンセントと、3社のAI(人工知能)戦略は大きく異なる。
  • 第20回
  • 2019.03.06
中国BAT3社のAI戦略を俯瞰する(1) 創業者の個性を色濃く映す
中国BAT(バイドゥ、アリババ、テンセント)3社は、“三国鼎立時代”を創り出し、中国インターネットサービスに多大な影響を与えている。3社は膨大なデータ、優れたコンピューティング能力、実践ベースのアルゴリズム、多彩多様な利用シーンを武器に、それぞれのAI(人工知能)戦略を打ち出している。
  • 第19回
  • 2019.02.28
囲碁AIから記事作成AIまで テンセントのユニークなAIツール
テンセントは「Make AI Everywhere」をモットーに、技術研究と業務効率化の視点でAI(人工知能)の活用を広げようとしている。既に中国で最強レベルの囲碁AI「絶芸(ジュェイー)」や、策略協力型ゲームAI「絶悟(ジュェウー)」をはじめ、翻訳、記事作成などユニークなAIツールを持つ。
  • 第18回
  • 2019.02.22
テンセントAIの牙城 がん診療で「覓影」が医師を全面支援
テンセントは、「エーアイ・イン・オール(AI in All)」戦略の下で、AI(人工知能)の研究開発と活用を進めている。目玉となる数少ないAIサービスの中で、AI医療画像分析とAI診療補助に取り組む医療画像AI「覓影(ミーイン)」が、政府により5つの中国次世代国家レベルのAIプラットフォームの1つとして認められ、注目度が高まっている。

関連特集・連載

米国動画最前線
全3回
中国14億人のデジタル社会実装
日本からは見えないアリババの実力
全5回
中国で地歩を固める日本企業の戦略
全5回