世の中のさまざまなデータを日経クロストレンドが専門記者の知見も盛り込んで独自に分析。データから消費トレンドを先読みし、ヒットの予兆を見いだしていく。
  • 2019.07.23
アクセル踏み間違い防止装置「ペダルの見張り番」、検索者が急増
日経クロストレンドは、2019年4月から6月にかけて3カ月連続で検索者数が増加している検索ワードの平均上昇率のランキングを算出した。アクセルとブレーキの踏み間違いに起因する事故のニュースが相次いだことから、踏み間違いによる急発進を防ぐ装置「ペダルの見張り番」の検索者数が伸びた。
  • 2019.07.12
忘れ物防止タグの売り上げが前月比262倍 国内限定値下げが奏功
ヤフーのECモール「Yahoo!ショッピング」の2019年6月の購買データをランキング化した結果、忘れ物防止タグ「Tile Mate」の売り上げが急増していた。IoTを活用した忘れ物防止タグとして注目を集めた商品だが、普及によって目新しさはそれほどない。なぜこのタイミングで売り上げが急増したのだろうか。
  • 2019.07.10
シュパットたためるエコバッグの検索者数が急増、レジ袋有料化で
日経クロストレンドは、2018年3月から5月にかけて3カ月連続で検索者数が増加しているキーワードを抽出し、平均上昇率のランキングを算出した。レジ袋有料化が2020年4月からスタートする見通しを受けて、エコバッグの検索者数が伸びた。
  • 2019.06.10
今春に卓上扇風機の売り上げが急増 暑くなる前からなぜ売れた?
夏本番に先駆け春先に“1人用クーラー”の売り上げが急増した。ヤフーのECモール「Yahoo!ショッピング」の2019年5月の購買データをランキング化した結果、「卓上扇風機 ここひえ」の売り上げは前月比33倍になっていた。その理由を販売元のオークローンマーケティング(名古屋市)に聞いた。
  • 2019.06.06
初公開「アマゾンPB」売れ筋商品ランキング 食品分野が急成長
アマゾンジャパンがPB(プライベートブランド)戦略を強化している。パソコン・周辺機器を中心に展開してきたが、2018年に食品分野が急成長した。ECデータ事業Nint(東京・新宿)のデータを基に、売れ筋商品をランキング化。データを基にアマゾンのPB戦略を解き明かしていく。
  • 2019.04.12
LOHACOの巧みなアウトレット戦略 ソフランの売上が前月比500倍
アウトレットの柔軟剤の売り上げが前月比500倍に。日経クロストレンドがヤフーの協力を得てECモール「Yahoo!ショッピング」の2019年3月(19年2月21日~3月20日)の購買データをランキング化した結果、こんな実績が浮かび上がった。柔軟剤のアウトレットとはどのようなもので、なぜ急に売れたのだろうか?
  • 2019.03.29
「スノーモンキー」で口コミ爆発 長野の山奥に海外客殺到の背景
口コミが増えた日本のスポットはどこか──。日経クロストレンドが世界最大の旅行サイト「トリップアドバイザー」の協力を得て投稿数を分析したところ、地獄谷野猿公苑(長野県)が急浮上した。「スノーモンキーパーク」として海外誘客に成功。インバウンド時代のトップランナーとしてひた走っている。
  • 2019.03.22
4Kと5Gの検索者数が3倍以上伸びる 利用者獲得に成功した企業は
日経クロストレンドは、2018年10月から12月にかけて3カ月連続で検索者数が増加しているキーワードを抽出し、平均上昇率のランキングを算出した。通常のフルハイビジョンテレビより画質が4倍高い「4K」、次世代の携帯電話などで使われる通信規格「5G」(第5世代移動通信システム)の検索者数が伸びた。
  • 2019.03.18
2月の訪日外国人の行先は山梨県が最も増加、ドコモ系が独自予測
ドコモ・インサイトマーケティング(東京・港、以下DIM)が提供する「モバイル空間統計-訪日外国人 速報値」によると、2019年2月の訪日外国人数は、前年同月比4.6%増となったことが分かった。同統計は独自技術で、日本政府観光局(JNTO)の「訪日外客統計」に先行して翌月中旬に予測値を出している。
  • 2019.03.15
1冊5000円、スマホゲームの設定資料集が高くても売れる理由
スマートフォンゲームはそれ自体が大きなビジネスだが、周辺にはイベントや関連グッズ販売など2次的なビジネスも存在する。日経クロストレンドがヤフーの協力を得てECモール「Yahoo! ショッピング」の2019年2月(19年1月21日~19年2月20日)の購買データをランキング化した結果、スマホゲーム「駅メモ!」関連書籍が、1冊5000円と高額ながら、売れていたことが分かった。

関連特集・連載

2020年のヒットをつくる人
全5回
消費増税、主要小売企業はこう挑む
全5回
本田哲也のパーセプションチェンジ
全5回
Japan Expo、コンテンツ海外展開の今