新型コロナウイルスの流行により各国で外出自粛・禁止が進む。そうした物理的な制限は、ネット通販の利用を加速させている。そこでECデータ事業のNint(東京・新宿)のデータを基に2020年2月に日本と中国で特に売り上げが伸びたカテゴリーを分析すると、日中の消費行動の違いが明らかになった。

新型コロナウイルスの流行でマスクの自作需要が高まり、材料の売り上げが増加している
新型コロナウイルスの流行でマスクの自作需要が高まり、材料の売り上げが増加している

 下表は、20年2月に中国の大手ECモール「天猫(Tmall)」で、大きく売り上げが増加した商品カテゴリーの一覧だ。ウイルス対策関連商品はいずれも驚異的な伸びを見せている。マスク(前年同月比で183倍)やハンドソープ(同37倍)などが売れているのは日本と同様だ。

中国の大手ECモール「天猫(Tmall)」で2020年2月に売り上げが増加した商品カテゴリーの一覧(集計期間:20年1月17日~2月13日)
中国の大手ECモール「天猫(Tmall)」で2020年2月に売り上げが増加した商品カテゴリーの一覧(集計期間:20年1月17日~2月13日)

 加えて、防護服(同10倍)やゴーグル(同97倍)など、口だけでなく目や体全体を覆う対策商品が売れているのが中国の特徴だろう。「中国・武漢の医師が自身の感染経路を振り返り、目から感染した可能性があるとネットを通じて発信したことで、急速にゴーグルが売れた」とNintの吉野順子社長は言う。

 中国は元々、微小粒子状物質「PM2.5」の濃度が高く、その対策としてゴーグルなどが売れる傾向にはあった。そこに新型コロナウイルスの流行が加わり、より体を守ろうという意識が強く働き、防護服なども売れたようだ。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>