マーケティング、コンサルティング、データ分析系の主要職種の中で最も求人数の伸び率が高かったのは、データサイエンティスト。求人数は2年間で何と7.5倍にもなっている。日経クロストレンドがエン・ジャパンの協力を得て、30~40代の転職サービス「ミドルの転職」における求人数、平均年収を調べた。

30~40代の転職市場では、専門職や上流のマネージャー職のニーズが高まっている(写真提供/Shutterstock)
30~40代の転職市場では、専門職や上流のマネージャー職のニーズが高まっている(写真提供/Shutterstock)

 2008年のリーマン・ショックを底に、転職市場は活況である。厚生労働省が毎月発表する公共職業安定所(ハローワーク)における「一般職業紹介状況」によると、09年以降有効求人倍率は右肩上がりで、19年7月は1.59倍と高水準だ。

 では、日経クロストレンドの読者に多い、30~40代のミドル世代の転職市場はどうなのだろうか。17年4月から19年6月までの期間、転職サービスサイト「ミドルの転職」における、3カ月ごとの求人数、平均年収を調査した。ミドルの転職の全161職種のうち、今回調査した職種は、日経クロストレンド読者に多い「マーケティングプランナー」や「データサイエンティスト」などの7種(詳細は下図)。まずは、求人数の変化を見ていこう。

調査した7つの職種の定義
調査した7つの職種の定義
2017年4~6月から19年4~6月までの求人数の伸び
2017年4~6月から19年4~6月までの求人数の伸び

 調査した全職種において、求人数は増加していることが分かった。ミドル世代の転職市場は活況で、その中でも2年間で7.5倍と急増したのが、データサイエンティストだ。

データサイエンティストの求人数の推移
データサイエンティストの求人数の推移

 データサイエンティストの求人数が急増した背景について、エン・ジャパン担当者は「IT・Web業界にとどまらず、金融や広告など、幅広い業界でデータサイエンティストのニーズが高まっていることが、募集増につながっている」と分析する。