最近よく見る「2030年のビジネスはこうなる」「5年後に求められるスキルはこれだ」といった記事。AI(人工知能)時代に「生き残るのに必要な能力は?」という文脈で語られているものもある。「これらの記事には学ぶべきところと、真に受けてはいけないところがある」と前刀禎明氏は指摘する。その理由は?

 未来のビジネスシーンを予想する記事やそのとき必要になるスキルを論じる記事は年が明けた直後や春先などによくあります。10~20項目をランキングで紹介したものが多い印象です。最近はAIの技術進歩も著しく、「AIが興隆したらなくなる職業は?」なんて議論もあって、不安を感じている人が増えているのかもしれません。

 こうした記事は自分自身や仕事との向き合い方を振り返るうえで一つのきっかけになりますが、一方で気を付けなければならないこともあります。今回は僕の見方をお話ししましょう。

言葉の使い方に注意

 未来に必要なスキルという切り口が特に増えたのは、英オックスフォード大学のマイケル・オズボーン教授が2013年に「雇用の未来」という論文を発表した頃からでしょうか。同教授は17年にもAI時代に必要な能力を分析した「スキルの未来」という論文を発表しています。

「スキルの未来」で挙がった需要が高いスキル上位15位
「スキルの未来」で挙がった需要が高いスキル上位15位
「スキルの未来」では英国と米国で調査し、成長中の職業に関連して将来需要が高いスキルや能力、知識をランク付けした。これは米国の調査に基づいたもの(H Bakhshi, JM Downing, MA Osborne, P Schneider「The future of skills: Employment in 2030」2017より)

 この「スキルの未来」を例にすると、1位になったのは「Learning Strategies」(戦略的学習力)。一方で2位には「Psychology」(心理学)、7位には「Coordination」(調整力)などが入っています。参考になる指摘ではありますが、これらには言葉として階層の異なる概念もあります。

 また、英語で発信された記事を日本語版で読む場合は訳し方にも落とし穴があります。例えば「Critical thinking」という言葉を「批判的思考」と訳しているのをしばしば見ます。本来は無意識の前提をうのみにせずに考えるといった意味ですが、この訳語ではちょっとニュアンスが伝わりにくいと思います。

時系列で比較するとビジネストレンドが見える

 いずれにしろ、こうした記事を読むときは、言葉通りに受け取るより言わんとするところを自分なりに解釈しながら読むのがよさそうです。さらに僕が勧めたいのは、個々の記事内容をつぶさに見るより時系列で捉えること。ランキングに頻出の語句は何か、数年前と比べるとどうかなど、複数の記事や過去の記事と併せて一歩引いて眺めると役に立ちます。

 一つ例を挙げてみましょう。世界経済フォーラムが出している「The Future of Jobs」というリポートがあります。現在と未来に求められるスキルを調査し、不定期に公表しているものです。

求められるスキルの比較(2016年版)
求められるスキルの比較(2016年版)
求められるスキルの比較(2018年版)
求められるスキルの比較(2018年版)
世界経済フォーラムが、現在と未来(表の中で2022年と示している部分)に求められるスキルを調査した「The Future of Jobs Report」。2016年版と2018年版を比べると、求められるスキルが変化していることが分かる。

 これの16年版と18年版を比較してみると興味深いのは、16年には現在でも未来でも必要なスキルとして1位、18年の現在では2位に挙がっていた「Complex problem-solving」が18年版の未来のスキルでは下位に沈んで、代わりに「thinking」や「learning」といった語句を含むスキルが浮上していることです。

 考えること、学ぶことが大事という趣旨で、これには僕もまったく同意です。ただし、これらは今になって急に重要度が増したわけではありません。今までもずっと大切なことだったし、今も変わらず大切です。

 それでも一時期、問題解決(problem-solving)のほうが重視されたのは、課題が明確だった時代が続いていたからと推測できます。ありとあらゆる機器やシステムの性能に改良の余地があり、デジタルカメラなら画素数を高めるとか、自動車なら燃費を良くするとか、各社が同じ目標を掲げてしのぎを削っていた時代です。そういう時代は、目の前にある課題を解決すれば、一定の成功を収めることができました。

 しかし、そうしたビジネスが頭打ちになってきて、新しいプラットフォームを構築したGAFAが市場を席巻するようになると、さすがに認識を改めざるを得ません。自ら問題を発見することや、課題を的確に設定することが、企業や働く人々の未来を大きく左右するのだと誰もが理解するようになりました。

 それで、こうした記事に挙がるスキルも上位の顔ぶれが変わってきたわけです。「○年後に必要なのは」と未来を見通すかのような調子の記事が多いですが、実は現状を表していて、挙げられているスキルはどれも今必要なもの。未来を先取りできるとは思いませんが、ビジネスの変化を捉え、自己研さんのきっかけにすることはできると思います。

学歴偏重、MBA信仰の次に到来したスキル議論

 さて、そもそも「○年後に重要なのはこのスキル」という記事がこんなに注目されるのはなぜか。

 僕は一昔前にまん延した「MBA(経営学修士)を取ればなんとかなる」という発想の流れをくんでいるような気がしてなりません。MBAブームの前には「いい大学を出ていればなんとかなる」かのような風潮がありました。「これさえやっておけば安心」という、よりどころが求められているのでしょうか。

 メディアに上がる記事や講演には「変化の時代を生き抜くには」といったテーマが増えていて、その通りにできないと「生き抜」いていけないかのようなあおり方をするものがあります。そうして人を怖がらせるのは好ましくないやり方で、真面目な人たちが必要以上におびえたり傷ついたりしていないといいなと僕は思います。

 だいたい、ランキング上位のスキルをすべて備える人などいません。これらの中から1つ、2つを備えた人が集まって、チームで強みを発揮し合って仕事をするのが理想型。ラグビーワールドカップで大活躍した日本代表だって、スクラムで輝くパワー自慢もいれば快足を飛ばすトライゲッターもいたじゃないですか。

 もう一つ、「“変化の時代”を生き抜く」といった論調に違和感があるのは、“変化”がどこかから急にやってきて自分たちの前に立ちはだかったように聞こえることです。変化とは訪れるのを身構えて待つのではなく、自分でつくるもの。MacintoshやiPod、iPhoneでパソコンや音楽プレーヤー、携帯電話の世界を変えてしまったスティーブ・ジョブズのような大きな“変化”はなかなか生み出せなくても、心の持ちようを変えることは誰にでもできる。そこから仕事のやり方や考え方、生み出される商品も少しずつ変わっていくわけです。

 僕が言いたいのは、悲観的になる必要はないということ。ないものねだりをしてもしょうがない。みんながそれぞれの能力を生かすこと、それをチームで発揮することがこれからも重要です。

 もし一つだけ大切だと思う資質や努力を挙げるとしたら、この連載でも繰り返してきたように「ラーニングインテリジェンス(学び続ける知性)」だと僕は思います。常識や過去の経験にとらわれず、自分でよく観察してよく考えること。それはどんな職業でも、何歳になっても続けることです。そうすれば先に挙がったようなスキルのいくつかは付いてくるはずです。

(構成/赤坂麻実)