前回、新しいアイデアを生むには、自分がこれまでに獲得した知識や経験、地位にこだわりすぎず、“学び続ける知性”を持つことが大切だと話した前刀禎明氏(関連記事「『スペシャリスト』と呼ばれたら要注意、創造をはばむ既知の意識」)。ではその “学び続ける知性”はどうすれば獲得できるのか。前刀氏はそれを目指す事業に挑んでいる。

「白紙に何か書いてごらんと言われても難しい。それと同じで自分を解放するって難しいんだよ」と前刀禎明氏
「白紙に何か書いてごらんと言われても難しい。それと同じで自分を解放するって難しいんだよ」と前刀禎明氏

本当に太陽は赤いのか?

 “学び続ける知性”。僕は「ラーニング・インテリジェンス」という造語で呼んでいますが、これを養う過程は、ざっくりと3段階に分けられると考えています。まず、「Free Yourself」。これは固定観念などから自分を解放することを意味します。それから、「Create Yourself」。自らの個性を確立することです。さらに、「Exceed Yourself」。今の自分に満足しないでリセット、リスタートを繰り返すこと。この3段階です。僕は今、さまざまなビジネスを通じて、これら各段階に効きそうなあの手この手を、世の中へ提供していこうと考えています。今回はその取り組みを紹介してみたいと思います。

やってみるよりマニュアルを探す人

 3段階と言いましたが、みんな苦労するのが、第1段階の自分を解放することです。そのきっかけにしてもらえればと、僕は「DEARWONDER」というアプリをリリースしました。第一印象の思い込みを捨て、トライ・アンド・エラーを繰り返しながら答えを探るゲームなのですが、これが苦手な人は多い。直感的に操作できるので、まずは「やってみてください」「いろいろ試してみましょう」と勧めても、じーっと画面を見て固まってしまったり、「マニュアルはないんですか?」と聞いたり。操作するうちに要領はつかめるし、マニュアルが必要ないことも分かるはずですが、自分ではよく考えずにとりあえず質問から入る、マニュアルを探す。そういう癖がついている。これはなかなか根深い問題です。

前刀氏が開発したアプリ「DEARWONDER」(iOS、Androidに対応)。画面上の玉を指でスライドして動かし、画面下の玉にくっつければステージクリア。影の形などをヒントに邪魔な物体の形や大きさを想像するのがポイントだ。自分でステージを創作、公開することもできる
前刀氏が開発したアプリ「DEARWONDER」(iOS、Androidに対応)。画面上の玉を指でスライドして動かし、画面下の玉にくっつければステージクリア。影の形などをヒントに邪魔な物体の形や大きさを想像するのがポイントだ。自分でステージを創作、公開することもできる

 これは、日本の教育に問題の一端があるんです。絵を描くときは輪郭を最初に描いて、そこからはみ出さないように色を塗る。それも太陽なら赤、木は必ず緑と茶色など“決まった色”を。日中の太陽は赤く見えないし、木々だって種類や季節によって色が違うのにです。

 動物園から帰ってきて、首が短いキリンを描いた子供を想像してください。子供はキリンを近くで見て、自分が受けた印象の通りに描いただけです。でも、それを見た親や先生は「キリンは首が長いはずだよ」と言って描き直させる。近くで見上げれば短く見える角度があるのに、キリン=首が長い動物という決まりを踏まえて描かなければ指導の対象になってしまうんです。

 親や先生がよかれと思って言ったことが、結果的に子供に固定観念を受け付けることになってしまいます。さらには、「“間違った”答えをすると恥ずかしい」「“当たり前”を裏切るのは怖い」という感覚が根付きます。大人になっても、失敗を忌避する傾向は同じです。だから、既に経験や実績があり、自分にできると分かっていることだけを何度も繰り返す。これでは創造性が養われるはずもありません。“型にはめる”式の教育を受けて育った人が、ビジネスの場で「創造力を発揮しろ」と言われても、それは難しいのです。