確立したブランドを持ちながら、新たなイメージを打ち出そうとしても難しいだろう。イメージから逸脱すると、ブランド離れを起こす可能性もある。だが、そうした状況を逆手に取り、ヒット商品に結び付けようとした例がある。補整下着の企画・販売を手掛けるHEAVEN Japan(大阪府河内長野市)だ。

 HEAVEN Japanが扱うのは女性の体形を考慮し、装着時に胸を盛り上げるブラジャーなど。ネット販売が中心のため、他社と差異化するためにもインパクトのあるネーミングで訴求している。例えば「脇肉キャッチャー」「尻まる子ちゃん」「夜寄るブラ」といった具合。補整機能をユニークな名前で分かりやすく表現し、それがネットで注目されることで多くのファンをつかんだ。

HEAVEN Japanの改名キャンペーンのサイト。開発の責任者自身がサイトに登場して「反省」を述べるなど、同社らしい見せ方を工夫している
HEAVEN Japanの改名キャンペーンのサイト。開発の責任者自身がサイトに登場して「反省」を述べるなど、同社らしい見せ方を工夫している
有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>