餃子やコロッケなど、手軽に作れる弁当のおかずとしてなじみ深い冷凍食品。近年は味を追求した商品も人気を集めるなど、その利便性を活用し、夕飯のおかずの一品として食卓に並ぶという用途も増えつつある。

 味の素冷凍食品が2018年2月に発売したのは、冷凍食品の新たな利用シーンを提案する「夜九時のひとり呑み」。70~80gという個食サイズで「豚角煮」や「よだれ鶏」といった6品を売り出した。「ひとり呑みを至福の時間にするおつまみシリーズ」と位置付けた、意欲的な新商品だ。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>