アマゾンジャパン(東京・目黒)が大乱戦のQRコード決済市場に参入した。同社は本日8月29日から、「Amazon Pay」にQRコード決済サービスを導入し、リアルな小売店でも利用できるように展開し始めた。当初に利用できる小売店は、首都圏を中心に数十店になる。アマゾンジャパンのQRコード決済サービスの普及戦略を追ったが、大乱戦の市場を勝ち抜く覚悟には疑問が残る……。

ユーザーがアプリを起動してQRコードを表示、それをAmazon Pay対応小売店に備え付けの専用タブレット端末で読み込むことで決済する
ユーザーがアプリを起動してQRコードを表示、それをAmazon Pay対応小売店に備え付けの専用タブレット端末で読み込むことで決済する

 Amazon Payは、Amazonアカウントに登録済みのクレジットカード情報などを利用してアマゾン以外のECサイトでも簡単に決済できるサービスだ。リアルな小売店で利用する場合、ユーザーは自分のスマートフォンにAmazonショッピングアプリをインストールし、Amazonアカウントの登録を済ませた後、アプリを起動してQRコードを表示。それをAmazon Pay対応小売店に備え付けの専用タブレット端末で読み込むことで、Amazonアカウントにひも付けたクレジットカード経由で簡単に決済ができる。

普及はNIPPON Tabletにすべて任せる

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>