※日経エンタテインメント! 2018年10月号の記事を再構成

かつては星野源率いるSAKEROCKも所属、最近はceroのヒットなどでも注目されるインディーレーベルが「カクバリズム」。浮き沈みの非常に激しい音楽界で15年以上マイペースを貫く仕事術とは? カクバリズム代表の角張渉氏に聞いた。

角張 渉(かくばり・わたる) 1978年、宮城県仙台市生まれ。97年、大学入学とともに上京。2002年3月に、レーベルとアーティストマネジメントを手掛けるカクバリズムを設立。著書名の「衣食住音」は、レーベルのキャッチコピーでもある
角張 渉(かくばり・わたる) 1978年、宮城県仙台市生まれ。97年、大学入学とともに上京。2002年3月に、レーベルとアーティストマネジメントを手掛けるカクバリズムを設立。著書名の「衣食住音」は、レーベルのキャッチコピーでもある

 「カクバリズム」という、ちょっと変わった名前のインディーレーベルが、音楽ファンの間で注目の存在となって久しい。YOUR SONG IS GOOD、キセル、二階堂和美、スカート、在日ファンクなどユニークでポップな個性を持つバンドやアーティストが在籍。2010年から所属しているceroは、今年5月に発売した4thアルバム『POLY LIFE MULTI SOUL』が、オリコンの週間アルバムチャートで4位を記録した。星野源が率いていたインストバンドのSAKEROCKも、かつてはこのレーベルの一員だった(15年に解散)。

 大手のレコード会社(メジャー)とは一線を画した立ち位置から、フットワークとアイデアを生かした独自の音楽を発信し続けてきたこのレーベルを主宰するのが、角張渉氏。02年に設立し、活動15年を超えたレーベルの歩みや自身の仕事論、そして激変する音楽業界の中でのインディーレーベルとしての矜持について話を聞いた。

【Point1】唯一無二の個性を持つ所属アーティストたち
ロック、ハウス、テクノなどさまざまなジャンルを取り入れたインストゥルメンタルバンドYOUR SONG IS GOOD、メジャー経験もある兄弟ユニット・キセル、映画『かぐや姫の物語』(高畑勲監督)の主題歌『いのちの記憶』で知られるシンガーソングライターの二階堂和美などが所属。
キセル
キセル
YOUR SONG IS GOOD
YOUR SONG IS GOOD
二階堂和美
二階堂和美

 学生時代にバイトしていたライブハウス(西荻窪WATTS)で自分が主宰するイベントをやることになって、その時に面白がって「KAKUBARHYTHM」というイベント名にしたんです。当時、既に友達とパンクバンドを出すレーベルをやってたんですけど、その後、パーソナルで小規模なレーベルを始めたいと思ったときに、「カクバリズム」という屋号にすれば角張がやってるって分かりやすいという話になって、そのままレーベル名になりました。

 でも、このレーベルを始めた時はまだ22歳だったし、フリーター全盛期でもあったんで、「何とかなるんじゃないの?」くらいに思ってましたね。ようやく会社の数年後とかを考えるようになったのは、所属アーティストが増えてきた6~7年目くらいからでした。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>