Z世代から圧倒的な支持を受け、完売続出のパーティーゲーム「ウェイウェイらんど!」をご存じだろうか。ミニボトルのリキュールと、すごろくをセットにした商品で、コロナ禍で広がった宅飲みを盛り上げるツールとして脚光を浴びている。この斬新なゲームの生みの親が、Z世代向けの商品企画やプロモーションを手掛ける、僕と私と(東京・渋谷)代表の今瀧健登氏(24歳)だ。Z世代ヒットを生む秘訣を、若者研究の第一人者である原田曜平氏が聞いた。

「Z世代の企画屋さん」を名乗る、僕と私と代表の今瀧健登氏(写真右)と、原田曜平氏(写真左)
「Z世代の企画屋さん」を名乗る、僕と私と代表の今瀧健登氏(写真右)と、原田曜平氏(写真左)

原田曜平氏(以下、原田) 新型コロナウイルス禍で若者の間でも宅飲みが主流になる中、酒飲みパーティーゲーム「ウェイウェイらんど!」が大ヒットしました。そもそもどんなゲームですか。

今瀧健登氏(以下、今瀧) 若者に人気のドイツ生まれのリキュール「クライナーファイグリング」(以下、クライナー)が20ミリリットル入ったミニボトル12本と、すごろくがセットになったパーティーゲームです。そのミニボトル自体が駒となり、専用のスマホアプリに表示されたサイコロをタップして回し、出た目の数だけマス目を進みます。

 マス目には、若者たちの酒の席でよくある話がユーモアたっぷりに書かれていて、さらに「今日は天気がいいのでとりあえず乾杯」「木を揺すったら酒が落ちてきた、飲んでおこう」など、駒として使っているミニボトルを飲み干す指示が、ところどころに仕込まれています。ゲームが進むほどクライナーを飲んで酔いが回り、「ウェーイ!」と全員が上機嫌になって飲み会が盛り上がる設計です。

「ウェイウェイらんど!」。クライナーの6フレーバー各2本と、酒をこぼしても破れないA2サイズのすごろくがセットになっている
「ウェイウェイらんど!」。クライナーの6フレーバー各2本と、酒をこぼしても破れないA2サイズのすごろくがセットになっている
クライナーの瓶を駒にして、すごろくを楽しむ
クライナーの瓶を駒にして、すごろくを楽しむ

原田 私はこのゲームを見たとき、「この手があったか!」と、思わず膝を打ったことを覚えています。20年以上、若者研究をする中で、「若者のお酒離れ」はずっと課題として言われ続けていて、クライアントである大手酒類メーカーからも「何とかならないか」と再三相談を受けてきました。

 ただ、なかなか決定打を見いだせなかったのが正直なところ。そうした中、ウェイウェイらんど!が登場して、「そうか、お酒とすごろくを一緒にして売ればよかったのか」と、衝撃を受けたわけです。「若者にはモノを売らずにコトを売れ」というのも言われ続けてきたことですが、この商品こそ“コト化”の好例といえます。どのように思い付いたのですか。

発売から僅か2週間で完売、大ヒットのワケとは

このコンテンツ・機能は有料会員限定です。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>
43
この記事をいいね!する