SNSなどを通じて韓流のトレンドをキャッチし、いち早く取り入れる日本のZ世代。彼ら彼女らの間で近年大流行しているのが、東京・新大久保などに“上陸”している韓国式のセルフ写真館やプリントシール機(プリ機)だ。写真ならスマホで十分事足りる時代に、わざわざ店に行き、料金を支払ってまで撮影する若者が続出しているのはなぜか。韓国式写真の人気の秘訣に迫った。

新大久保にある韓国発のセルフ撮影スタジオ「刹那館」に若者が殺到。プロ仕様のカメラと照明で、素人のセルフ撮影でも本格的な写真に仕上がる
新大久保にある韓国発のセルフ撮影スタジオ「刹那館」に若者が殺到。プロ仕様のカメラと照明で、素人のセルフ撮影でも本格的な写真に仕上がる

 東京・新大久保には韓国料理店などが密集する、コリアンタウンと呼ばれる一角がある。そのエリアから数分歩いた場所にある小さく細長いペンシルビル。そこに、多くの若者が出入りする写真館が店を構えている。韓国発のセルフ撮影スタジオ「刹那館」だ。

 スタジオと呼ぶ個室には、数種類の椅子や撮影時に使う小道具が用意され、プロ仕様の一眼レフと撮影した写真が表示されるモニターが設置されている。“セルフ”という名の通り、被写体である顧客自身がカメラのシャッターボタンを押して撮影するスタイルだ。制限時間15分の間であれば何枚撮影してもいい。「平均すると約200枚。連続でシャッターを押し続けて800枚以上撮影する顧客もいる」と、店の共同オーナーであるACTIVE ASIA代表取締役社長の辻幸恵氏は話す。

プロ仕様の一眼レフカメラと本格的な照明設定で、モニターで確認しながら“自撮り”が可能
プロ仕様の一眼レフカメラと本格的な照明設定で、モニターで確認しながら“自撮り”が可能
ぬいぐるみやレトロカメラなど、用意された様々な小道具を自由に使って撮影していい
ぬいぐるみやレトロカメラなど、用意された様々な小道具を自由に使って撮影していい

 利用できる時間は、撮影前の説明や撮影後の写真選びも含めて1組30分。その枠が土日祝日では11時の開店から20時の閉店までびっしりと埋まり、ひっきりなしに若い女性同士、カップルが訪れる繁盛ぶりだ。取材時に入籍記念で利用したという24歳の若いカップルに話を聞くと、「自分たちだけで人目を気にせずに撮影できるのが魅力。撮っている間も楽しかった」という。基本料金は撮影と2枚分の写真データ込みで3840円(税込み)だが、プラス980円(同)で、全ての写真データを受け取ることができ、「大半の顧客が全データを希望する」(辻氏)。

プロ仕様のカメラによる自撮り体験こそが価値

 人気の秘訣は、若いカップルが話したように、自分たちしかいない部屋で本格的なカメラを使って自由に撮影できることだ。カメラマンの前だと照れてしまいそうなカッコつけたポーズやカップルの仲むつまじい姿も気兼ねなしに表現でき、シャッターを自分たちのタイミングで押せる。写真データを店側が見ることはなく、受け取り後は消去されるのも安心材料だ。

 さらに若者に受けているのが、利用者の8割が選択するという「モノクロモード」で撮影できることだ。若者の間ではレトロブームが全盛で白黒写真も人気だが、その他の意外な理由からもモノクロモードは支持されている。実は、最近はプリントシール機やスマホアプリの加工で、目を大きくしたり、肌をきれいにしたりと、いわゆる「盛れ過ぎ」な写真に対して、「カッコ悪い」「ダサい」と考える風潮が顕著だ。逆に、ありのままの自分をさらけ出すこと、写すことに好感が集まる。

 とはいえ、肌荒れなどが目立つ写真をSNSにアップするのはさすがに抵抗感がある。「その悩みを解決するのがモノクロモード。白黒写真にすると、肌の粗さなどが程よく目立たなくなり、“脱・盛れ”でも満足できる自然な姿を写すことが可能になる」(辻氏)というわけだ。

カップルが大胆な構図に挑戦したり、レトロカメラやぬいぐるみなど用意された小道具を使ったりした撮影も可能。撮影する体験自体を楽しめることが大きなポイントとなる
カップルが大胆な構図に挑戦したり、レトロカメラやぬいぐるみなど用意された小道具を使ったりした撮影も可能。撮影する体験自体を楽しめることが大きなポイントとなる

 また、あえて写真館を利用する理由にも、今どきの若者ならではの事情が垣間見える。写真館で撮った写真は印刷して受け取り、フォトフレームなどに入れて部屋で飾るのが一般的だろう。だが、刹那館では印刷を希望する若者はほとんどいない。インタビューした若いカップルが「楽しかった」と表現するように、第一の目的はSNSにアップすること。それに加え、撮影自体を楽しんだり、データをもらってスマホで後日見返したりしながら、撮影した思い出に浸ることだ。つまり写真館を、体験=コト消費の場としたことも、若者の心をがっちりとつかむフックになったのだ。

 辻氏によると、韓国ではソウルだけで約100店のセルフ写真館があるという。新型コロナウイルスの感染が拡大し始めた2020年2月から、「カメラマンとの接触がなく、大人数の撮影でもない」ためSNSに載せても非難されにくいことから、現地の若者の間で人気が爆発。その様子を見た辻氏が、日本でもはやると直感し、様々な準備を経て20年11月に開業した。最初は1日3、4組程度の利用だったが、21年1月、東京に2度目の緊急事態宣言が発令されると、成人式で着物をレンタルした女子や卒業を前にした女子高生、女子大生の利用が急増。一気に話題のスポットとなり、その後もブームが持続しているのだ。

【ココが響いてます from原田氏の若者プレゼン大会】
慶応義塾大学 高杉真由香さん
 セルフ写真館は好きなポーズとタイミングで自然な雰囲気で撮れることが人気の秘訣です。ライティングはプロのカメラマンが設定しているため、素人が撮影しても、とてもきれいな写真になることも受けている理由。最近は顔写真を加工しているかどうかを見定めてコメントする“加工警察”がSNSで目を光らせていますが、これならモノクロモードで撮影すれば無加工でも気軽に投稿できます。K-POPアイドルや韓国の若手女優がセルフ写真館を利用して撮った写真も拡散しており、韓国好きの間でも大きな話題になっています。

「盛れない」韓国式プリ機が人気

 “脱・盛れ”の写真が撮れる店として、もう1つ若者に人気を博しているスポットがある。プリントシール風の写真が撮れる韓国式プリ機「人生4カット」だ。プリ機で思うままに4つのカットを撮影し、それが4コマ漫画風に印刷されて提供される。

人生4カットはモノクロとカラーのモードを選んで撮影できる。撮影後はネオンライトの看板などを背景にスマホで写真を撮り、SNSにアップするのが定番
人生4カットはモノクロとカラーのモードを選んで撮影できる。撮影後はネオンライトの看板などを背景にスマホで写真を撮り、SNSにアップするのが定番

 プリ機といえば、顔や目を加工したり、撮影後にスタンプや落書きで装飾したりするのが通常だが、人生4カットにはそうした機能が一切ない。ありのままの自分たちが撮影され、4コマというフォーマットに落とし込まれるだけの至ってシンプルなものだ。「こうした“盛れない”点が、逆に若者に受けている」と、韓国で人生4カットを運営するLK Venturesと日本国内でのマネジメント契約を結ぶヒューマンフォーラムの吉田希望氏は指摘する。

 20年6月、新大久保に最初の店舗が上陸した人生4カットだが、現在はヒューマンフォーラムが運営するアパレルブランド「SPINNS」の「SUPER SPINNS福岡PARCO店」「SUPER SPINNS 神戸三宮オーパ店」「STUDIO SPINNS」の3店舗内にも設置され、東京以外にも進出している。この3店では、写真分割数が4カット以外にも、1、2、3、6、8カットから選択可能で、撮影中の様子を10秒の動画で記録する機能も持つ最新機種を導入。動画をInstagramのストーリーにアップするといった活用もできる。

SPINNSのショップ内に設置された人生4カットのブース
SPINNSのショップ内に設置された人生4カットのブース
人生4カットの筐体(きょうたい)。通常のプリ機と同様にブースの中に入り、カーテンを閉めて撮影する
人生4カットの筐体(きょうたい)。通常のプリ機と同様にブースの中に入り、カーテンを閉めて撮影する

 興味深いことに、出来上がったプリントシートを持ち帰らない若者も多いという。印刷されたシートをスマホで撮影し、SNSにアップするのがメインの目的。SPINNSでは、映える画像が撮れるように、人生4カットのロゴが入ったオリジナルのネオンライトの看板が設置されており、そこでの撮影が人気だ。プリントシートを店内の掲示スペースに貼り付けて帰るのも定番の方法。ここでも、写真というモノ消費ではなく、“脱・盛れ”の人生4カットを撮って投稿し、仲間から「いいね!」をもらって自己承認欲求を満たす、コト消費に若者たちは楽しみを見いだしている。

SPINNSの店内ではプリントシートの専用ケースも販売
SPINNSの店内ではプリントシートの専用ケースも販売

高度なレタッチを施す「韓国式証明写真」

 一方、脱・盛れとは正反対で、撮影した顔写真に修整、補正、加工、合成などを施す、いわば「極・盛れ」とでも表現できるサービスも、韓国から日本に上陸している。21年2月から、刹那館を運営するACTIVE ASIAが同じビルの別フロアで「MJ Photo Studio」として提供している「韓国式証明写真」だ。

 「目の部分を垂れ目やつり目にする、両目を同じ大きさにする、まつげを増やす、首のしわを消す、鼻を高くする、ほくろを取る、顎を小さくする、人中(鼻と口の間にある縦の溝)を短くする……など、あらゆるレタッチを駆使して、利用者のポテンシャルを最大限に引き出した証明写真を作れるのが売り」(辻氏)

30色のカラーから背景色を決めて撮影。その後、カウンセリングを受けてレタッチする箇所を決める
30色のカラーから背景色を決めて撮影。その後、カウンセリングを受けてレタッチする箇所を決める
7~10日で要望通りにレタッチされた証明写真が納品される。撮影、レタッチ、データとL判写真1枚、証明写真サイズ5枚を含めて6820円(税込み)
7~10日で要望通りにレタッチされた証明写真が納品される。撮影、レタッチ、データとL判写真1枚、証明写真サイズ5枚を含めて6820円(税込み)

 韓国では、証明写真にレタッチを加えることは大半が“当然”と考えているという。就職活動で企業に提出する書類にも、多くの学生がレタッチした写真を貼付する。当然、面接時に真の姿はばれてしまうのだが、それでも書類で落とされないために、レタッチは必須というのが韓国の若者の常識だという。

 「日本でも、駅の構内や駅前などにある証明写真機の写真写りに満足せず、見せるのを恥ずかしいとさえ思う女性は少なくない。街の写真館で撮る手もあるが、レタッチの技術はあまり高くない。韓国式証明写真を日本で展開すれば、そうした証明写真の不満層を取り込めると考えた」と、辻氏は話す。

 MJ Photo Studioで撮影・レタッチを施すのは、現地の韓国式証明写真のスタジオで半年間働いて特殊な技術を身に付けたカメラマンだ。照明などの機材も韓国から輸入し、現地のスタジオを再現している。撮影後、顔のどの部分に修正を加えていくかを、カウンセリングシートを基に、まるで整形を施すかのようにヒアリング。高度なレタッチで要望通りの証明写真に仕立て上げる。「技術も設備も簡単にはまねできない。新大久保以外に既に大阪にも進出した。将来的には全国に店を広げていきたい」(辻氏)

 新大久保の店は、オープン以来、連日ほぼ全ての時間帯に予約が入っているという。レタッチ作業が間に合わないため、撮影自体は1日10件こなせるのに5件に抑えねばならないほど活況だ。現在、撮影とレタッチができるカメラマンを急ぎ育成している。証明写真は、マイナンバーカードやパスポートに活用される他、コロナ禍でSNSやオンラインの利用が増える中、アイコンなどに表示される自分の顔写真に使ったり、女性社長やメディア関係者が自分のプロフィル写真に使ったりなどのケースがあるという。

 「女性はもともと変身願望がある。化粧品を買ってメークをするのと同じように、レタッチできれいな自分になれること自体が魅力。就活で『写真で損をしたくない』『履歴書で落ちたくない』と、韓国式証明写真を使う学生も増えている」(辻氏)

 「脱・盛れ」「極・盛れ」と、全く正反対に2極化している写真トレンドだが、いずれも韓国発であることは興味深い。韓国は老若男女を問わず、日々「自撮り」して写真を送り合うほど、自らが被写体になることを好む文化があるという。そこに新しい写真サービスが生まれる背景がある。今後も斬新な韓国式写真が登場し、日本の若者を虜(とりこ)にしそうだ。

(写真提供/ACTIVE ASIA、ヒューマンフォーラム)

14
この記事をいいね!する