Z世代のマーケティングアナリスト、原田曜平氏が主催し、高校生、大学生が若者の流行を発表するプレゼン大会。今回、彼ら彼女らがまとめたのは、2021年にヒットが予想されるZ世代トレンドだ。「デカ映え」「隠れメーク男子」「パーソナライズサブスク」「0.5手間」「おじフード」など、厳選9トレンドを紹介する。

「SNS映え」にも新たな変化が…(写真/Shutterstock)
「SNS映え」にも新たな変化が…(写真/Shutterstock)

 現役の高校生、大学生の間では、今何がはやりはじめており、2021年のビッグトレンドとなって消費を動かすのか。リアルタイムでヒットしている商品やサービスをもとに、21年のトレンド予測をキーワードで示したのが下記の表だ。では、一つひとつ解説していこう。

2021年Z世代ヒット予測「厳選9トレンド」
2021年Z世代ヒット予測「厳選9トレンド」

[キーワード①:デカ映え]
巨大フードのメッカ、浅草が人気急上昇

 Z世代の間では、21年もいかにSNSで「映える」写真や動画の投稿をできるかが最大の関心事の1つであることは変わらない。ただし、従来の華やか、かわいい、おしゃれを追求する映えとは一線を画した投稿が増えそうだ。それが、とにかく大きなドリンクやフードを提供する店に行って撮影し、投稿する「デカ映え」だ。

 例えば、若者に人気の居酒屋でヒットメニューとなっている「出世サワー」。値段は変わらず、オーダーを重ねるごとにグラスのサイズが大きくなる(=出世する)のが特徴だ。「大衆肴天ぷら 娯楽」(大阪・堺市)などで提供され、1杯目は300ミリリットルだが、5杯目には2リットルにもなる。もちろん、サワーがなみなみと注がれたどでかいグラスをスマホで撮って投稿するのが第一目的だ。

 さらに、デカ映えはテークアウトフードにも及ぶ。筆頭が、巨大な台湾から揚げ「大鶏排(ダージーパイ)」だ。台湾の夜市で最もポピュラーなソウルフードの1つで、鶏ムネ肉1枚を薄く伸ばして衣をつけて油でさっくりと揚げている。専門店である「炎旨大鶏排(エンシダージーパイ)」(大阪市)や、「横濱炸鶏排(ヨコハマザージーパイ)」(横浜市)で提供され、面前で写真を撮ると女性の顔が隠れるほどの衝撃的な大きさが、格好のデカ映えのネタとなった。

 こうしたトレンドを追い風に人気がうなぎ登りなのが、東京下町の観光地である浅草だ。コロナ禍で外国人観光客が姿を消してしまった代わりに、若者の姿が目立つようになった。要因の1つが、デカ映えするワンハンドフードが豊富なことだ。

 代表格が「たこの鳴き声 浅草店」が提供する、イイダコを丸ごと特製ダレに漬けて1トンの力で一気にプレスし、巨大化させたタコせんべい。大鶏排と同様に顔が隠れるほど大きく、「一緒に撮ると顔が小さく見える小顔効果もある」と、思わぬ理由も加わり女性の心をつかんだ。浅草では、「安心や」という店が台湾発の巨大からあげ「炸鶏排(ザージーパイ)」を提供し、他にも老舗の花月堂が販売する名物「ジャンボめろんぱん」があるなど、巨大テークアウトフードのメッカになっている。今や、デカ映えを狙うZ世代の人気エリアと化しているのだ。

台湾から揚げは女性の顔が隠れるほどのビッグサイズ。Instagramでのデカ映えは必至だ
台湾から揚げは女性の顔が隠れるほどのビッグサイズ。Instagramでのデカ映えは必至だ

[キーワード②:パーソナライズサブスク]
診断型サブスクで個性を充足

 若者の間では、いくつかの質問に答えると自分に似合う色を提示してくれる「パーソナルカラー診断」が人気。一方で、音楽や動画、アパレルなどを中心に月額定額制のサブスクリプションモデルも若者にすっかり定着した。そうした中、両者のいいとこ取りのサービスとして注目されるのが「パーソナライズサブスク」だ。

 ウェブサイト上で4つの簡単な質問に答えるだけで、自分にぴったりの香水が選別され、月額1680円(消費税・送料別)で毎月新しい香りが届く「SCENTPICK(セントピック)」が好例。また、美容関連では、20の質問に回答すると個々の肌の状態に合わせて必要な成分が入ったサプリメントが毎月届く「FUJIMI(フジミ)」、個人の髪に関する10の質問に答えると、個々に合わせて成分が調合されたオリジナルシャンプーが配達される「MEDULLA(メデュラ)」など、様々なサービスが登場し、若者に受けている。自分で選んだり、購入したりする面倒さを一切排除した診断型サブスクは、他のジャンルでも広がりを見せそうだ。

質問に答えると自分にぴったりの香水をセレクトしてくれる診断付きの香水サブスクサービス「SCENTPICK」(画像/SCENTPICKホームページより)
質問に答えると自分にぴったりの香水をセレクトしてくれる診断付きの香水サブスクサービス「SCENTPICK」(画像/SCENTPICKホームページより)

[キーワード③:隠れメーク男子]
BBクリーム、リップで顔をリアル補正

 従来、男性用化粧品はインフルエンサーや美容感度の高い一部の若年男性に使われてきたが、最近になって一般的な大学生の間でも浸透してきた。市場をけん引するのが資生堂のメンズブランド「uno(ウーノ)」だ。19年に発売した、美容液やファンデーションなどが配合されたオール・イン・ワンの男性用BBクリーム「uno フェイスカラークリエイター」がヒット。20年9月には、毛穴やニキビ跡に塗ってしっかり隠せる、カバー力の高い「unoフェイスカラークリエイター(カバー)カラーレベル5」、唇に潤いを与え血色良く見せる男性用リップ「unoオールインワンリップクリエイター」など、3品を追加した。

 ただ、彼らはまだ「メーク=女性がするもの」という既成概念が残っており、自分が化粧していることを他人にさとられたくない意識がある。その点、uno フェイスカラークリエイターなどは自然な仕上がりでメーク感はほぼなく、リップは唇をコップに付けたときに二次付着がしにくい設計で、カフェや飲み会で化粧バレすることもない。BBクリームでは、新手のメンズコスメブランド「BOTCHAN(ボッチャン)」が販売する「スキンパーフェクター マット メンズ肌補正クリーム」も人気を得ている。

 オンラインで友人とのやり取りが増え、画面に映る自分の唇の色や肌映りを気にする学生も多く、顔をリアルに補正したいニーズは高まる一方。21年も、実は化粧をしている「隠れメーク男子」は大増殖しそうだ。

資生堂の男性用リップ「unoオールインワンリップクリエイター」で繰り出される芯部分はグレーで、男性でも抵抗なく使える色(写真/資生堂プレスリリースより)
資生堂の男性用リップ「unoオールインワンリップクリエイター」で繰り出される芯部分はグレーで、男性でも抵抗なく使える色(写真/資生堂プレスリリースより)