バズるのは「丸い」「モチモチ」「韓国っぽさ」

 タピオカブームの仕掛け人と呼ばれるようになり、日々精度の高いグルメ情報を発信する中で、「りょうくんグルメが薦める店なら間違いない」といった認識が浸透。今ではTwitterのフォロワー数が約44万、Instagramは約28万にも上る、グルメ系インフルエンサーのトップランナーにのし上がった。特に、女子高生、女子大生に抜群の知名度を誇っていることが、他のインフルエンサーとの違いだ。

 日々、若い女性の気持ちになり切って発信し、反応を見る中で、何が女子受けし、何が受けないかも見えてきた。一つは、「女子は丸いものが好き」という発見だ。「例えば、和のスイーツで定番の団子。インスタに丸い団子の写真とともに店を紹介すると、いいね!が2万以上つくなど、通常の倍に跳ね上がる。女子受けを狙うなら“丸いグルメ”は鉄板ネタ」とりょうくんグルメは話す。

りょうくんグルメが、丸い団子スイーツをインスタでレビューすると、2万以上のいいね!を獲得(写真左)。同じように白玉スイーツも反響が多い(写真右)。「丸いもの」は女子受けの鉄板ネタだという
りょうくんグルメが、丸い団子スイーツをインスタでレビューすると、2万以上のいいね!を獲得(写真左)。同じように白玉スイーツも反響が多い(写真右)。「丸いもの」は女子受けの鉄板ネタだという

 もう一つ、女子受け必至のキーワードが、「モチモチしたもの」だ。餅、白玉、さらにはタピオカも、“モチモチ”のスイーツ。めん類では、ラーメンよりうどんのほうが若い女性に人気で、その理由も、うどんがモチモチしているからだ。さらに、「幅が広いめん類」は非常に好感される。細いめんより写真にインパクトがあり、モッチリした見た目に女性は心を奪われるようだ。実際、りゅうくんグルメが極太のうどんを紹介した投稿では、いいね!が2万越えを果たした。

幅広めんのうどんも女子受けメニューで、いいね!は2万3000に上った
幅広めんのうどんも女子受けメニューで、いいね!は2万3000に上った

 また、若い女性の間では“韓流”が大人気。そのため「韓国っぽいグルメ」も受けるそうだ。「韓国のスイーツの特徴は、ファッション化されていること。つまりスイーツ自体がかわいく見えたり、包材が凝っていてインスタ映えしたりなど、見た目を重視している。そして、とにかく大きいこと。ケーキをカットする角度が広く、しかもクリームが豪快にかけられており、通常なら小さくて上品なマカロンも韓国では巨大化して売られている。この“分厚め”“大き目”なスイーツも日本の女子受けでは必須要素」(りょうくんグルメ)。

 逆に反応を得ることが難しいのが、焼き肉だ。単純に見た目が“映えない”からだという。カレーも禁じ手。理由は同じで、茶色一色で写真映えしないためだ。「もしカレーを紹介するなら、色とりどりの野菜が載ったカレーを選択するなどして、茶色感を薄める工夫が必要」(りょうくんグルメ)。

次のヒット候補は「進化系ベーグル」

 最近では、こうしたSNSの経験値に基づいて、りょうくんグルメは飲食店のメニュー、スイーツの監修や企画も手掛けるようになった。りょうくんグルメがプロデュースし、19年にSHIBUYA109で若者向けのフードブランド「IMADA KITCHEN(イマダキッチン)」から限定発売した「うわさのクロワッサン」が、その一つだ。大胆にオレオを載せたクロワッサンをメインに、抹茶やストロベリー、ティラミスをアレンジするなど、異色のクロワッサンサンドだ。オレオをトッピングした奇抜な見た目や豪快に掛けたクリームなど、韓国スイーツの要素をふんだんに盛り込んだ商品で、大ヒットした。

りょうくんグルメが考案したオレオのクロワッサンサンドは映える見た目が特徴(現在は販売終了)
りょうくんグルメが考案したオレオのクロワッサンサンドは映える見た目が特徴(現在は販売終了)

 では、今後はどんなグルメが若者女子の間で流行るのだろうか。りょうくんグルメの予測はこうだ。「注目はベーグル。“モチモチ”の要素があるのに、若者向きの遊び心のある商品がまだ出ていない。韓国っぽさを加えたらチャンスはあるだろう。加えて、韓国で今大人気のチョコレートやチーズケーキのテリーヌ。分厚くカットして提供することがポイントで、これもブームになる可能性は十分」。ベーグルとテリーヌはタピオカに続くのか、注目していきたい。