アマゾン対抗策を模索する米ウォルマート。西友売却が報じられる一方、ここ最近の買収に伴って米スタートアップの“スター”が同社に集まっている。筆頭は特集第2回で紹介したマーク・ローリー氏だが、負けず劣らずのスターと言えるのがジェニファー・フライス氏である。10年も前に「サブスクリプション型コマース」企業を設立し、米メディアに「テクノロジーの世界で最も影響力のある女性」として選ばれ、一部では“サブスクリプション・クイーン(女王)”などと呼ばれている。特集第3回はそんなフライス氏が主導し、わずか数語をテキストメールするだけで買い物ができてしまうと話題の最新ネット施策、「ジェットブラック」の詳細を見ていく。

知人と共同創業した、フォーマルドレスのサブスクリプション型コマース会社「レント・ザ・ランウェイ」が急成長。一躍ネット業界のスターに上り詰めたジェニファー・フライス氏。現在はウォルマート傘下の最新ネット施策「ジェットブラック」の開発に力を注いでいる
知人と共同創業した、フォーマルドレスのサブスクリプション型コマース会社「レント・ザ・ランウェイ」が急成長。一躍ネット業界のスターに上り詰めたジェニファー・フライス氏。現在はウォルマート傘下の最新ネット施策「ジェットブラック」の開発に力を注いでいる

 「ベントンビルへようこそ。私はここに来て1年になりますが、とても素晴らしいところですね。これからお話しするのは(ウォルマートが)5年先を見据えて、小売りの未来を開く原動力にしようとしているイノベーションです」

 2018年5月31日、米アーカンソー州ベントンビルのウォルマート本社で開催した株主総会。フライス氏は居並ぶ聴衆にそう話しかけた。ウォルマートがこの時期に毎年開催している総会では経営幹部が会社の現状や次年度の戦略についてプレゼンするのが恒例になっている。といっても日本のような堅苦しいものではない。有名アーティストが登場するなどエンタメ要素も豊富。さながらウォルマートの「ファン感謝デー」のような雰囲気が漂う。

メインは経営幹部による経営方針の発表だが、アーティストによるパフォーマンスも多数あり、会場を盛り上げた
メインは経営幹部による経営方針の発表だが、アーティストによるパフォーマンスも多数あり、会場を盛り上げた
全米各地から店舗スタッフなども参加。年1回開催されるウォルマートの一大イベントを楽しんだ
全米各地から店舗スタッフなども参加。年1回開催されるウォルマートの一大イベントを楽しんだ

 そんな場に登場したフライス氏が、米経済界で注目されるようになったのは09年。レント・ザ・ランウェイというネット企業を知人と共同創業したことがきっかけだ。

 レント・ザ・ランウェイは、女性がパーティーなどに着ていくフォーマルドレスをネットから簡単にレンタルできるサービスを展開した。憧れのデザイナーズファッションを「買うのではなく借りる」。昨今注目のサブスク型コマースを10年ほど前に実現するなど、そのビジネスセンスは卓抜。ローリー氏に口説かれて、17年にウォルマートへ合流する前から知る人ぞ知る存在だった。

 そんなフライス氏がウォルマート傘下で今、手がけているのは「カンバセーショナル(会話形)コマース」と自らが呼ぶ最新デジタル施策「ジェットブラック」である。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>