日本のリゾート業界で異彩を放つ星野リゾート。成長を続ける“リゾート運営の達人”の成功の秘密を、デザインの視点で分析する特集。今回は温泉旅館ブランド「界」を取り上げる。各地の伝統や文化を体験できるのが、界の特徴の一つ。「界 加賀」ではそれをどのように実現しているのか。

日本旅館と温泉文化を現代的にアレンジした「界」は地域の魅力と出合える場所
日本旅館と温泉文化を現代的にアレンジした「界」は地域の魅力と出合える場所

 星野リゾートが運営する温泉旅館ブランドの「界」。熱海や日光、箱根など全国の15カ所に展開し、和の趣や伝統を継承しながらも、ほかにはない温泉旅館を目指している。単に温泉や食事を楽しむだけでなく、各地域の伝統や特徴を示す文化を楽しんでもらうよう「ご当地楽」と呼ぶ界オリジナルの企画を用意し、特別なおもてなしとして提供している。伝統工芸や芸能、食など界ブランドの各旅館は、それぞれの「ご当地楽」を用意。見たり聞いたり、体験してもらうなど、いろいろな工夫で宿泊客を楽しませるため、各旅館が独自のアレンジを盛り込む。それぞれの「ご当地楽」が示す文化に浸りながら滞在するのも、宿泊客にはうれしい。