オブザベーション(ユーザー観察)によってユーザーの潜在ニーズを探り、新商品を企画する連載の第4回。小学生の子供と一緒に調理をして親子の絆を深めている――そんな主婦の声をヒントにプロトタイピングした「食育キット」。学年別やハロウィーン用などのシリーズ化のアイデアが広がる。

 川村美奈子さん(仮名、44歳)は、息子と一緒に料理をすることが多いという。例えば餃子を作るために、子供が餃子を包むための調理器具を購入していた。そんな様子を見て、発想したのが「食育キット」だ。忙しい主婦でも、親子で手軽に調理を楽しめるように、食材と調理器具をセットにする。
※子供と餃子作りを楽しむ川村さんの紹介記事「ツールを駆使し、家事効率化を楽しむ主婦の本音」

商品コンセプト
商品コンセプト
食材と調理器具をセットにした食育キットの商品コンセプト

 プロトタイプでは、商品コンセプトを表現したパッケージを作成した。ハンバーグ用のたねとニンジン、ハンバーグの形を作るクマ型プレート、ニンジンの形を抜く花形プレートを同梱する設定だ。対象年齢は4歳以上とした。

プロトタイプ
プロトタイプ
商品コンセプトを表現したパッケージを作成した