全4回
今、キャラクター市場が激変している。今までにないペースで日々、新キャラが生まれ、ヒットするキャラの法則も昔とは様変わり。また、単にキャラクターグッズを販売するだけでなく、ビジネスのあり方も大きく変わりつつある。業界のキープレーヤーたちへの総力取材から、最新ヒットキャラと市場の全体像を明らかにした。
  • 第1回
    2018.07.12
    登竜門はLINEとツイッター キャラビジネス界の新潮流と裏側
    「細分化」。今のキャラクタービジネス市場を一言で説明する言葉だ。キャラが知名度を獲得するための道が、マスメディアやグッズ売り場しかなかった時代とは異なり、今では動画配信サイトやSNSなど無数のメディアがある。「人と同じものは嫌だ」という消費者側の意識が高まっていることと相まって、昔ならあり得ない数の新キャラが同時多発的に日々生まれ、激戦市場となってきている。
  • 第2回
    2018.07.12
    コウペンちゃんにうさまる、「白い動物」キャラが次々ヒットのワケ
    キャラクター・データバンクが集計した、2017年のキャラクターグッズの国内市場シェアランキング。ディズニーやサンリオなどの老舗キャラ、アニメ作品などで埋め尽くされたベスト100のなかで、一つ異彩を放つのが「うさまる」。新世代キャラの登竜門の一つとなったLINEスタンプから生まれた、現時点で最大の新世代ヒットキャラだ。
  • 第3回
    2018.07.13
    素材ありき、実在人物…衝撃の発想! 超異端キャラ誕生の理由
    イラストや漫画ではなく実用グッズありきでヒットし、野球界やお笑い界からも異端キャラが台頭している。誕生に至った経緯とは?
  • 第4回
    2018.07.17
    “ヘビメタOL”が米国でヒット 海外だけ流行る国産キャラの謎
    キャラ市場の構造変化に伴い、老舗企業も変革を迫られている。「中学生も以前のようにはサンリオショップに来てくれない」。サンリオの18年3月期の国内物販売り上げは前年比で7.2%減った。その一方で、同社には絶好調の分野がある。キャラを活用した斬新な施策を連発する「サンリオピューロランド」などのテーマパークだ。

関連特集・連載

ホテルウォーズ2020
eスポーツの現在地
ロングセラー復活の軌跡
全6回
2019年下半期 食品ブレイク予測
全3回