社名・ブランド名を聞いて「買いたくなる」と答える消費者の割合が多かったマーケティング実力派企業トップ3は、カルビー、ハーゲンダッツ、ユニクロ――。「日経クロストレンド」は2018年4月、国内のどの企業や商品ブランドが、消費者の「買いたくなる」気持ち(購入意欲)の喚起に長けているかを消費者アンケートから探った。本特集では、その調査結果である「マーケティング実力ランキング300」について解説する。

 「マーケティング力」の高い企業という言葉からどのような企業が思い浮かぶだろうか? データを駆使したマーケティングの推進、AI(人工知能)をはじめとする先端的なデジタル技術の導入・活用、優れたマーケティング人材を輩出する企業……など、さまざまなイメージが湧く。

 もっとも、先進的な取り組みに着手していればよいわけではない。先進的であれ従来型であれ、その施策が消費者・顧客に届いて、売り上げなどの結果が伴っているのか。問われるのは結果である。

 マーケティングとは、一言でいえば「買いたくなるような仕組み作り」「買いたくなるように仕向けること」だ。そこで「日経クロストレンド」は、主要なBtoC(個人向け)の有力企業350社(メディア企業や金融を除く)をノミネートしてアンケート調査を行い、認知度下位50社を除いて「マーケティング実力ランキング300」を算出した。

「マーケティング実力ランキング300」トップ30
「マーケティング実力ランキング300」トップ30

 企業・ブランド名を聞いて「買いたくなる」という反応をより多く得た企業、すなわち購入意欲の刺激、促進に長けた企業を評価するのが本ランキングの特徴である。

 具体的には、各企業について、「商品」「価格」「広告」などの魅力を尋ねた上で、「好感度」や「購入意欲」「推奨意向」を質問。購入意欲を軸に、購入意欲と比較的高めの相関がみられた「商品」的魅力と「好感度」を加味してスコア化し、ランキングした。アンケートは大手調査会社の協力を得て、2018年4月25~27日にインターネットで実施。全国20~60代の男女フルタイム勤務者を対象とし、5600人から有効回答を得た。

 マーケティング実力ランキング300のトップに立ったのは、カルビーだ。売上高30億円規模だった「フルグラ」事業を5年で

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>

全編コロナ後書き下ろし!
「ワークマンは商品を変えずに売り方を変えただけでなぜ2倍売れたのか」(2020年6月29日発売)
酒井大輔著、日経BP、1760円

 既存店と同じ商品を扱いながら、売り方を変えただけで2倍売れた!衝撃の新業態「ワークマンプラス」誕生から2年近く。消費増税も、新型コロナ禍も物ともせず、2桁成長を続けるワークマンの強さの秘密に迫りました。

 主人公は、商社からやってきた1人の男。作業服専門店が、なぜ今をときめくアパレルショップになれたのか。客層を大きく拡大できたのはなぜなのか。実は水面下で、緻密かつ計算され尽くした戦略がありました。組織が躍動し、変わっていく姿を、物語仕立てで克明に描写。本邦初公開の情報も余すことなく盛り込みました。ワークマンは新型コロナにどう立ち向かったのか。アフターコロナで何を仕掛けるのか。本書を読めばすべて分かります。新時代のリーダー像、成果を出すチームづくりの極意も見えてくるはずです。
Amazonで購入する
日経BP SHOPで購入する