テレビCMには、各社が工夫を凝らした演出やアイデアを盛り込んでいる。時には商品やサービスの“宣伝”という枠を超え、テレビCM自体が話題になることも少なくない。この連載では、世間で注目を集めるCMを取り上げ、企業がそのCMで狙ったこと、それにクリエイターがどう応えたかなどCMヒットの背景を紹介する。
  • 第40回
  • 2019.08.21
花王・アタックZERO、「旬」と「これから」の俳優で人気CMに
旬のイケメン5人を起用した「#洗濯愛してる会」シリーズで、CM好感度ランキング1位に輝いた花王「アタックZERO」。人気クリエーティブディレクター・篠原誠氏(篠原誠事務所)は、キャスティングについてどのように考え、実際にどう制作したのか。
  • 第39回
  • 2019.08.20
花王・アタックZERO、“競合”はライバル企業の洗剤CMではない
5人のイケメン俳優を起用した「#洗濯愛してる会」シリーズが話題となり、5月度銘柄別CM好感度ランキング(CM総合研究所調べ)で1位に輝いた、花王「アタックZERO」。この記事では、競合のCM概況を見た上で、本作を手掛けるクリエイターを紹介。コンセプトワークなども紹介する。
  • 第38回
  • 2019.08.19
花王・アタックZERO、洗剤CMの常識を覆して好感度1位に
洗濯をこよなく愛するサークル「#洗濯愛してる会」のメンバーが、新発売の洗剤を持って結集。汚れ落ちの実験をしたり、タオルに顔をうずめて消臭力に驚いたりしながら、大いに盛り上がる……。旬の若手俳優5人を起用して注目を集めている、花王「アタックZERO」のシリーズだ。
  • 第37回
  • 2019.07.24
LINEモバイル、タレントがたくさん出ない非ストーリーCMで勝負
CM好感度総合トップ5入りを果たし、申し込み者増に成功したLINEモバイルの「LINEモバイルダンス」シリーズ。この記事では、競合CMを見た上で、プランナー・福里真一氏がこだわったポイント、映像監督の手腕、反響などについて掘り下げる。
  • 第36回
  • 2019.07.23
LINEモバイル、目指したのはストレートで分かりやすい表現
CM好感度ランキング(CM総合研究所調べ)で作品別トップ3に入るヒットとなったLINEモバイルの「LINEモバイルダンス」シリーズ。前回は企画の成り立ちや成功要因などを紹介した。この記事では過去作を踏まえた上で、企画したCMプランナー・福里真一氏のクリエーティブについて紹介していく。
  • 第35回
  • 2019.07.22
LINEモバイル、本田翼の替え歌&ダンスでCM好感度トップ3入り
2018年10月から放送されたLINEモバイルのCMは、『いい湯だな』の替え歌に乗せてスマートフォン代の安さをアピールするもの。懐かしいメロディーと本田翼のフレッシュな魅力で18年11月度銘柄別CM好感度トップ10では5位にランクインした。
  • 第34回
  • 2019.06.28
サントリー「金麦」、CMにタレントの自然体の魅力を生かす方法
木村拓哉を起用した新CM効果で好感度ランキングトップ10入りを果たしたサントリービール「金麦」CM。この記事では木村拓哉出演CMの作り方を詳しく紹介、金麦ブランドの他のCM展開についても見ていく。
  • 第33回
  • 2019.06.27
サントリー「金麦」、木村拓哉起用は現代の顧客に合わせた大刷新
木村拓哉を起用した新シリーズが話題を呼び、2019年3月前期作品別CM好感度ランキング(CM総合研究所発表)で6位に入った、サントリービール「金麦」のCM。前回は新シリーズ誕生の背景や狙い、成功要因などを紹介した。今回はアルコール業類のCM概況と、金麦CMを手掛けるクリエイターを紹介する。
  • 第32回
  • 2019.06.25
サントリー「金麦」、木村拓哉で長寿ブランドをリフレッシュ
話題のCMを取り上げ、その企画の狙いや制作の裏側を掘り下げる「CMフォーカス」。今回は、木村拓哉を新たに起用したサントリービール「金麦」を取り上げる。同CMは2019年3月前期の作品別CM好感度ランキングで6位に。定番のロングセラー商品のCMがトップ10に入ることは珍しい。
  • 第31回
  • 2019.05.16
DA PUMPコラボ含め4シリーズを展開 SUUMOのCM、成功の要因
DA PUMPやヤバイTシャツ屋さんを起用したコラボシリーズで好調なリクルート住まいカンパニー「SUUMO(スーモ)」のCM。シリーズ誕生に至る経緯などに続き、今回はCMの狙いや注力した点、複数路線を並走させるCM展開などについて聞いた。

関連特集・連載

2020年のヒットをつくる人
全5回
消費増税、主要小売企業はこう挑む
全5回
本田哲也のパーセプションチェンジ
全5回
Japan Expo、コンテンツ海外展開の今