※日経エンタテインメント!2020年6月号の記事を再構成

深田恭子、多部未華子、永野芽郁ふんする三姉妹が、Winkの大ヒット曲『淋しい熱帯魚』の替え歌でクールに歌い踊る。「♪家族で~、乗り換え UQモバイル~」。最後は母親のピンクガチャ、父親のブルームクとともに「ストップ!」とポーズをキメる……。1989年に日本レコード大賞を受賞した名曲をよみがえらせ、「センスある」「三姉妹がかわいい」と話題になった、UQコミュニケーションズ(東京・港)の「家族でUQモバイル篇」だ。

2016年10月から続くCMでは「動かなかった」三姉妹が、『淋しい熱帯魚』の替え歌&ダンスを踊ると話題をさらった「家族でUQモバイル篇」。「深田さんはWinkのファンだったとのことで、いつも以上にキレのある動きを見せてくれました。多部さんと永野さんに、深田さんがWinkについて楽しげに語っていた様子が印象的でした」(電通のCMプランナー・鈴木晋太郎氏)
2016年10月から続くCMでは「動かなかった」三姉妹が、『淋しい熱帯魚』の替え歌&ダンスを踊ると話題をさらった「家族でUQモバイル篇」。「深田さんはWinkのファンだったとのことで、いつも以上にキレのある動きを見せてくれました。多部さんと永野さんに、深田さんがWinkについて楽しげに語っていた様子が印象的でした」(電通のCMプランナー・鈴木晋太郎氏)

 UQモバイルは、2014年12月にサービスを開始したMVNO(仮想移動体通信事業者)。16年10月から三姉妹シリーズをスタートさせ、静止画のように動かない3人が、ピンク・レディーの『UFO』に合わせて「UQ!」と動き出すフレームで人気を得てきた。

 今回の「家族でUQモバイル篇」は、「学生とそのご家族に、おトクな料金プラン『UQ学割』を認知、興味を持っていただくこと」(UQコミュニケーションズ・杉浦有衣子氏)を目的に制作。企画を担当したのは、三姉妹シリーズを立ち上げから手掛けてきた電通のCMプランナー・鈴木晋太郎氏だ。

 「シリーズも4年目に入り、『あの三姉妹といえばUQ』という認知が獲得できたので、あえて楽曲を変えた鮮度アップにチャレンジしたいと思いました。ただ、歌もののCMは世の中にあふれているので、独自性が必要。UQならではのアンニュイなトーンと、『UFO』のようなレトロ感が出せる楽曲として、『淋しい熱帯魚』を選びました」(鈴木氏)

 「アンニュイなトーン」は、Winkさながらの物憂げな表情やサウンドなどで。「レトロ感」は、肩を強調したバブリーな衣装や、当時のアイドル風ダンスで表現。振り付けは、実際にWinkを手掛けていた振付師に監修を依頼した。

 「ダンス、衣装、メーク、セット、編曲、いずれもWinkの80年代感を今の時代っぽくアレンジすることで、“懐かしいのに新しい感じ”を追求しました。また、それによって、三姉妹の新たなかわいさを引き出すことにも力を入れています。UQのオリジナリティーを感じる仕上がりにすることで、オンエアしたときに目立つ作品にするよう、注力しました」(鈴木氏)

 完成したCMを3月1日から放送すると、20年3月度銘柄別CM好感度ランキングの6位に食い込むヒットとなった。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>