※日経エンタテインメント! 2020年2月号の記事を再構成

「♪とろとろ とろッピ~ レンジで10秒~」という歌に合わせ、電子レンジの前で踊る女の子。レンジの中ではチーズがとろり溶けていく。10秒後、チン!と鳴ると、女の子がどや顔でポーズ。家族で食べて笑顔になる……。「カワイイ!」「癒やされる」と話題になった雪印メグミルク「6Pチーズ」のCMだ。

雪印メグミルク「6Pチーズ『とろッピ~』」篇。中央の数字が10、9、8……とカウントダウンし、10秒で「とろッピ~」が完成。その様子をそのまま10秒で見せたシンプルな構成や、シズル感を表現した美術や衣装も秀逸だった
雪印メグミルク「6Pチーズ『とろッピ~』」篇。中央の数字が10、9、8……とカウントダウンし、10秒で「とろッピ~」が完成。その様子をそのまま10秒で見せたシンプルな構成や、シズル感を表現した美術や衣装も秀逸だった

 「6Pチーズは1954年に現在の形で発売されたロングセラー商品で、メインの顧客層は50代~60代。30代~40代の子育て世代に親しんでいただくことが1つの課題でした」(雪印メグミルクの水田雅也氏)

 2016年から同製品のCMに取り組むのは、博報堂のクリエイティブディレクター・丸田昌哉氏とコピーライターの石下佳奈子氏だ。

(左)博報堂 コピーライター/ディレクター 石下佳奈子氏:最近の仕事に、bijorie「胸をしめつけるのは恋だけでいい」、サントリーJim Beam、LOWRYS FARMなど。(右)博報堂 クリエイティブディレクター 丸田昌哉氏:東急エージェンシーを経て、2006年博報堂入社。朝日広告賞グランプリほか受賞歴多数
(左)博報堂 コピーライター/ディレクター 石下佳奈子氏:最近の仕事に、bijorie「胸をしめつけるのは恋だけでいい」、サントリーJim Beam、LOWRYS FARMなど。(右)博報堂 クリエイティブディレクター 丸田昌哉氏:東急エージェンシーを経て、2006年博報堂入社。朝日広告賞グランプリほか受賞歴多数

 「ブランドの若返りを図りたいということだったのですが、広告でただ若いイメージを作るだけでは、買う理由にならない。6Pチーズの新しい食べ方や楽しみ方を提案したほうが買ってもらえるのではないかと思いました」(丸田氏)。その考えの下、6Pチーズにさまざまな食材をのせてキャラクターを作る「ママとつくロッピー」(16年)や、フライパンで焼いて食べる「焼きロッピー」(17年)など、200近いレシピをCMやウェブで提案してきた。

 「しかし今は『時短』『簡単』が求められる時代。お客様から『フライパンもハードルが高い』という声があり、19年は『より簡単でおいしいレシピを』とオーダーさせていただきました」(水田氏)

 この難題に応えて編み出されたのが、のりの上に6Pチーズをのせてレンジで10秒温めるだけの「とろッピ~」。「温めることでチーズの香りや味が引き立ち、軟らかくて不思議な食感も楽しめる。のりの風味とチーズの相性も良くて、こんなに簡単でおいしい食べ方があったのかと思いました」(雪印メグミルクの太田愛氏)。

 CMでは、画面の左半分でその簡単調理法を、右半分では「待ちきれない!」と言わんばかりに踊って待つ子どもを描こうと考えた。

 「何度もオーディションをして、出会ったのが、5歳の本保佳音ちゃんでした。カンが良くすぐに振りを覚えて、踊り続ける体力もある。物おじせず、楽しんで踊ってくれるところも良かった」(丸田氏)

雑念を持たずに表現を追求

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>

全編コロナ後書き下ろし!
「ワークマンは商品を変えずに売り方を変えただけでなぜ2倍売れたのか」(2020年6月29日発売)
酒井大輔著、日経BP、1760円

 既存店と同じ商品を扱いながら、売り方を変えただけで2倍売れた!衝撃の新業態「ワークマンプラス」誕生から2年近く。消費増税も、新型コロナ禍も物ともせず、2桁成長を続けるワークマンの強さの秘密に迫りました。

 主人公は、商社からやってきた1人の男。作業服専門店が、なぜ今をときめくアパレルショップになれたのか。客層を大きく拡大できたのはなぜなのか。実は水面下で、緻密かつ計算され尽くした戦略がありました。組織が躍動し、変わっていく姿を、物語仕立てで克明に描写。本邦初公開の情報も余すことなく盛り込みました。ワークマンは新型コロナにどう立ち向かったのか。アフターコロナで何を仕掛けるのか。本書を読めばすべて分かります。新時代のリーダー像、成果を出すチームづくりの極意も見えてくるはずです。
Amazonで購入する
日経BP SHOPで購入する