2017年11月に東京・上野にオープンした「PARCO_ya」(パルコヤ)は、「松坂屋上野店」を中核とし、オフィスやシネマコンプレックス「TOHO シネマズ上野」なども擁する複合ビル「上野フロンティアタワー」に、新しい屋号で出店したパルコの新店舗だ。1階から6階までの6フロアに68のショップや飲食店が入居している。どの店舗でも客層やお客の行動を把握、分析できるシステムを導入しているのが大きな特徴だ。

【ここに一工夫】顔認証カメラはレジの上に配置、カウントカメラは店舗全体をカバーする
【ここに一工夫】顔認証カメラはレジの上に配置、カウントカメラは店舗全体をカバーする
赤が顔認証カメラ、黄色がカウントカメラ。顔認証カメラは基本的に1店舗1台、カウントカメラは店の広さに応じて2〜3台を設置している

 各店舗には2種類のカメラが設置されている。1つは顔認証カメラで、撮影した顧客の顔の画像を分析し、年齢・性別を自動的に判断する。もう1つはカウントカメラで、来店者数をカウントする。これらのデータは、システムを共同開発したABEJAのサーバーに時系列で蓄積され、各店舗の担当者はインターネットを通じて、ブラウザー上でデータを見ることができる。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>