アマゾン・ドット・コムなどに対抗し、AI(人工知能)の最新技術をフル活用しようと挑戦を続けるトライアルカンパニー。その最先端店舗「スーパーセンタートライアル アイランドシティ店」を記者が体験してきた。レコメンドやセルフレジ機能を搭載したレジカートは、お客の買い物体験をどのように変えるのか?

 福岡市・香椎にあるスーパーマーケット「スーパーセンタートライアル アイランドシティ店」。一見、普通の大型スーパーだが、店内には違う光景が広がる。天井を中心に約700台もの「スマートカメラ(AIカメラ)」が設置されているのだ。店内のお客の動きを把握し、そのデータを品ぞろえや商品棚の配置などに生かそうというわけだ。もう一つの特徴である、ショッピングカートそのものにセルフレジ機能を搭載した「スマートレジカート」は、こうした大型店舗でこそ本領を発揮する。