※日経トレンディ 2018年7月号の記事を再構成

 2018年の上半期ヒット商品・ブームを解析する特集の「AQUOSスマホ」編。ソニーXperiaを抜いて、アンドロイドスマホのシェアトップに立ったワケとは……。

 スマホ業界に異変が起きている。低迷していた「AQUOS」(シャープ)が17年後半からぐんぐんと販売台数を伸ばし、「Xperia」(ソニーモバイルコミュニケーションズ)を抜いて、アンドロイド端末シェアトップに立ったのだ。

 躍進のきっかけは17年7月に大手3キャリアからそろって発売された「AQUOS R」だ。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>