若者や女性に支持されるヒットの法則

商品企画
【法則1】透明ペットボトルと重くない味で“缶コーヒーNG世代”に訴求
「缶コーヒーじゃないBOSS」として透明ペットボトルを採用し、苦みを抑えたライトな味わいに。若者や女性が手に取った
「缶コーヒーじゃないBOSS」として透明ペットボトルを採用し、苦みを抑えたライトな味わいに。若者や女性が手に取った
缶コーヒーのBOSSは、発売から25年以上。新規ユーザーの獲得が課題だった
缶コーヒーのBOSSは、発売から25年以上。新規ユーザーの獲得が課題だった
コミュニケーション
【法則2】新時代を迎えた職場を描き働く若者の共感を呼んだ
 テレビCMなどでは、“新しい風”をメッセージに、憧れも含めて現代の多様な働き方を描いた。これに若い世代が共感
苦くない、透明ペット…。若者を捉えた「缶じゃないBOSS」(画像)
次の展開
苦くない、透明ペット…。若者を捉えた「缶じゃないBOSS」(画像)
ブラックでもラテでもない! 「ちょうどいい」を新提案
 6月19日、シリーズに「ブラウン」を追加。ブラックにガムシロップとミルクポーションを1つずつ加えたイメージで、甘過ぎず飲みやすい。
審査員のコメント
苦くない、透明ペット…。若者を捉えた「缶じゃないBOSS」(画像)
鹿毛康司氏
缶コーヒーが現場のイメージをなかなか抜け出せないなかで、新たに「ITワーカー」というセグメントに着目した点が見事。オフィスで「ちょっと頼れる存在」としての寄り添い方もいい
苦くない、透明ペット…。若者を捉えた「缶じゃないBOSS」(画像)
入山章栄氏
ともすれば、「おじさん臭い」と感じてしまう缶コーヒーの文脈から一気に若返った