パッケージデザイン開発とマーケティングリサーチを行うプラグ(東京・千代田)は、2022年2~4月に発売された685商品のパッケージデザインに関する好意度調査を実施した。「ハーゲンダッツ」などのデザインが上位を占めた。

好意度上位パッケージ(1~3位)
好意度上位パッケージ(1~3位)
[画像のクリックで拡大表示]

 20~50代の消費者約3万6000人がパッケージデザインの画像を見て、好きかどうかを5段階で評価し、そのうち「好き」「やや好き」と回答した割合を好意度とした。また、好意度の理由を自由回答で聴取している。

 1位は「ハーゲンダッツ クリスピーサンド ストロベリーチーズケーキ カマンベール仕立て」で、40代以下の女性から高い支持を得た。2021年春にも同ブランドの新商品が1位を獲得しており、春夏シーズンでは2年連続となった。さらに3位にも同ブランドの「クラシック洋菓子 ナポレオンパイ 苺(いちご)とカスタードのパイ」がランクインしている。

アイスクリームのラグジュアリーブランドを目指す

 ハーゲンダッツ ジャパン(東京・目黒)は日本でアイスクリームの「ハーゲンダッツ」を販売して以来、35周年となる19年6月から新デザインにリニューアルを行っている。「これからも唯一無二のアイスクリームのラグジュアリーブランドを目指す」とし、「ハーゲンダッツのフレーバーごとに異なるユニークな体験価値、瞬間を表現したデザイン」に進化させた。そうした施策が奏功し、消費者からは「パッチワークのような色合いがおしゃれでかわいい」「ストロベリーチーズケーキらしいかわいいデザイン」「上部のステンドグラスのようなデザインがおしゃれ」といった評価が自由回答で寄せられている。