柔軟剤入り洗剤「ニュービーズ」と「ボールド」のパッケージデザインに対する印象をアンケートで調査した。「ボタニカル」を感じさせる商品が女性を中心に支持率で大きな差を付けた。人気の秘密は、花や葉など植物のグラフィックだった。

 洗濯用洗剤と柔軟剤が一緒になった柔軟剤入り洗剤。洗剤と柔軟剤を別々に用意する必要がないため、手間を減らせて、狭い場所にも収納できるメリットがある。専用の柔軟剤には劣るが、十分な柔軟効果もあり、忙しい主婦などに支持されている。

 今回の調査対象は、花王の「フレグランスニュービーズジェル ハーバルフレッシュの香り」(A)と、P&Gの「ボールドジェル フレッシュピュアクリーンの香り」(B)。AとBの「どちらの商品を買いたいか」(Q1)と聞くと、全体ではAが65.0%、Bが35.0%だった。半数以上がAを選んだ。

 Q1の結果を男女別で見ると、男性全体ではAが63.3%、Bが36.7%、女性全体ではAが66.7%、Bが33.3%。Aは男女共に人気で、中でも女性50代は80.0%と特に高い。Bの支持層は、女性40代の46.7%が最多で、次点が男性20代と60代の43.3%だった。性別・年代にばらつきがあるのが特徴だ。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>