今回の調査対象は、女性をメインターゲットにした高価格帯の目薬、参天製薬の「サンテ ボーティエ」(A)と、ロート製薬の「ロート リセブラン」(B)。香水を思わせるボトルデザインを女性は「持ち歩きたい」と支持している。その一方で従来の目薬と異なるイメージに不安を感じるという声もあった。

店頭人気も高い、香水瓶のようなボトル

 「どこを見て買いたいと思ったか」(Q4)を聞いた。Aは、「ボトルの形状」が37.5%、「外箱の『瞳にも、代謝力を。』の文字」が18.1%、「外箱のボトルのグラフィック」が10.0%と続く。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>