良いパッケージデザインに必要な要素はいくつもある。商品が属するカテゴリーやポジション、売りたいターゲットによっても重要となる要素は異なるが、パッケージデザインで常に課題とされる要素に「らしさ」と「目新しさ」がある。

 商品パッケージの色や形には、カテゴリーやブランドごとの「らしさ」がある。例えばカレーのパッケージの場合、ルーなら横長の長方形の形状をしていることが多い。これがインスタントならやや縦長の長方形が一般的だ。色についても同じようなことが言える。このようなパッケージデザインの「らしさ」は、カテゴリーを代表する商品の色や形が基準になることが多い。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>