ビールの定義拡大を受け、キリンビールが2018年6月5日に発売した「グランドキリン 雨のち太陽、ベルジャンの白」(A)と、アサヒビールが同年4月17日に発売した「アサヒ グランマイルド」(B)のパッケージに対する印象を調査した。後編では、新ビールのパッケージを見てどの部分を評価したかを聞くほか、デザインがどのような印象を与えたかを自由コメントから分析する。

酒税法改正から生まれるデザインの新傾向 後編(画像)
[画像のクリックで拡大表示]

 パッケージのどの部分を見て買いたいと思ったかを聞いた(Q4)。Aは、「『雨のち太陽、ベルジャンの白』のロゴ」が44.8%、「水彩画のようなグラフィック」が27.9%、「全体的な色合い」が19.5%と続く。

 Aのロゴは、「雨」の字に雨傘と雨粒を組み込んだり、「太」の字の点を太陽のような円形に置き換えたりして細部に工夫が見られる。そのロゴの背景を白い雲のような白抜きにして視認性を高めている。ビール缶のロゴは英文字が比較的多いため、Aは売り場で目立つに違いない。

 一方、Bは「全体的な色合い」が44.5%、「『Asahi GRAN MILD』のロゴ」が26.0%、「『アルコール分7%』の表記」が13.0%だった。同社のプレミアムビールの定番カラーである濃い青とゴールドという色の組み合わせの支持者は多い。「アルコール分7%」の表記が支持されていることから、高アルコールビールをゆっくり飲みたいというニーズがそれなりにあることが分かる。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>

全編コロナ後書き下ろし!
「ワークマンは商品を変えずに売り方を変えただけでなぜ2倍売れたのか」(2020年6月29日発売)
酒井大輔著、日経BP、1760円

 既存店と同じ商品を扱いながら、売り方を変えただけで2倍売れた!衝撃の新業態「ワークマンプラス」誕生から2年近く。消費増税も、新型コロナ禍も物ともせず、2桁成長を続けるワークマンの強さの秘密に迫りました。

 主人公は、商社からやってきた1人の男。作業服専門店が、なぜ今をときめくアパレルショップになれたのか。客層を大きく拡大できたのはなぜなのか。実は水面下で、緻密かつ計算され尽くした戦略がありました。組織が躍動し、変わっていく姿を、物語仕立てで克明に描写。本邦初公開の情報も余すことなく盛り込みました。ワークマンは新型コロナにどう立ち向かったのか。アフターコロナで何を仕掛けるのか。本書を読めばすべて分かります。新時代のリーダー像、成果を出すチームづくりの極意も見えてくるはずです。
Amazonで購入する
日経BP SHOPで購入する