2000年代初頭、IT業界の寵児ともてはやされ、起業家ブームの象徴として注目を集めた堀江氏。栄光と同時に数々の挫折も経験したが、「過去にとらわれることはない」と言い切る。強靭に生きるその極意は、物事に強烈に“ハマる”ことだった。