人と自然に話せるロボットにヒットの兆しがある。ソフトバンクロボティクスが2月に限定販売した「ペッパー」は、3年間で約117万円(税込み)のコストにもかかわらず、1分間で300台が完売。「Robi jr.(ロビジュニア)」(タカラトミー)は、ロボット玩具の要ともいえる二足歩行をあえて省き、会話機能に特化したところ、予想をはるかに上回る売れ行きだ。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>