鑑賞を終えて、「100%イメージ通りだった」と思えた人は、果たして何人いただろうか。