私たちはどんなときにモノを買うのだろうか。「安かったから」「自分へのご褒美だから」「友達が持ってるから」、理由はそれぞれだろうが、1つだけ共通項がある。それは、「自分自身に“説明”ができたとき」(明治大学情報コミュニケーション学部・友野典男教授)ということだ。