誰もがその登場を待ち望んでいた、ある意味、売れることは約束されていた――。そんなタイプのヒット商品もこの上半期は目立った。ただ、単なる予定調和ではない。待望感やニーズに忠実に応えるだけにとどまらず、いい意味で「予想を裏切る」部分を持っていたことが、ヒットの条件だった。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>