一昨年までほぼ無名だったメーカーのヘアケア用品が、大手のトップブランドをも上回る売れ行きを示している。