この上半期、消費者の節約志向はむしろ強まる傾向だった。しかし、その「デフレマインド」をうまく刺激して、したたかに消費者の財布のひもをこじ開けたヒット商品が多数存在する。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>