横浜名物シウマイの伝統を89年にわたって守り続ける崎陽軒。3代目の野並直文氏は社長就任後、バブル崩壊による倒産の危機を経験。改革を断行して難を逃れた後も、数々の逆境を乗り越えてきた。支えとなったのは「横浜に名物を」という3代にわたる強い志だ。