止まったエスカレーターを上るとき、体がよろめいてしまった経験はないだろうか。これは、エスカレーターは常に動いているものだという認識から起きる現象だ。風鈴の音を聞くと涼しさを感じたり、海の映像を見て潮の香りを感じるのも同じ。視覚や聴覚からの情報で体が反応する。こうした錯覚を使って、まるでそこにいるかのような臨場感をつくり出す技術がVRだ。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>