あれほど話題になったのに、いつの間にか消えていた――。最近はそんな短命ヒット商品が少なくない。なぜ、商品の“旬”はこうも短くなってしまったのか。そんな問題意識から、ヒット商品を追い続ける本誌と、「日経ビジネス」がタッグを組み、世の中を沸かせる商品を生み出してきた経営トップ7人を直撃。ヒットを持続させるための次の一手を聞いた。

有料会員になると全記事をお読みいただけるのはもちろん
  • ①2000以上の先進事例を探せるデータベース
  • ②未来の出来事を把握し消費を予測「未来消費カレンダー」
  • ③日経トレンディ、日経デザイン最新号もデジタルで読める
  • ④スキルアップに役立つ最新動画セミナー
ほか、使えるサービスが盛りだくさんです。<有料会員の詳細はこちら>